読み物|新生ヴァルハラクラスタへの招待 Part.1

皆さんこんにちは。今回から3回にわたり、9月発売の次期クラスタ"新生ヴァルハラクラスタ"のスターターデッキとブースターパックのデザインについてお話していきたいと思います。今回はJ/ルーラーまわりについてお話しします。

皆さんご存知かと思いますが、Force of Willというカードゲームはクラスタ制を採用しています。今までのクラスタは零夜、ラピス、アリス、グリム、そしてヴァルハラです。この中で最も特殊なのがヴァルハラで、その理由としてはジャッジメントがあまりにもハイリスクローリターンだったということが挙げられます。
当時はJルーラーが破壊されてしまうとライフが半分になりその上すべての能力を失うというルールであったため、初めからジャッジメントをしないもしくは最後の最後に詰めの一手としてジャッジメントをするというのが一般的でした。


そこで我々はJルーラーを強化すべく様々な手法を取りました。まずはグリムクラスタに移行する際、Jルーラー破壊時のライフ半減のルールを撤廃し<不滅>というキーワードスキルを導入しました。これに関しては高評価を得ましたが、結局Jルーラーが破壊されてしまうとすべての能力を失ってしまうという問題は未解決のままでした。
これを解決するためにラピスクラスタ移行時さらにルール改訂を行い、失う能力をジャッジメント能力のみに限定しました。


このような手法を取り入れた結果ジャッジメントを行う回数やJルーラーで戦闘を行う回数飛躍的に上昇しました。
竜王 バハムート》などはアグロ、《聖魂の魔導師 シャルロッテ》はコントロール、《空風の守護者 アーラ》はコンボなどデッキの中心を担うJルーラーも非常に多くなった時期でもありました(そのようにカードをデザインしていた時期でしたので当然の流れではありますが)。
しかしそれは次第にインフレーションを起こし、ついには《真獣王 プリシア / 転生炎姫 プリシア》が禁止カードに制定されるまでに至りました。



この問題を緩和させる手段として我々が打ち出したのが零夜クラスタで登場したシールアイテムです。
このシールアイテムはエキスパンションやストーリーの進行により解放されてゆき、上画像の左から右のように強化されていくシステムです(十分承知だとは思います)。最初はある程度シンプルな能力を持たせ、能力を後付けするこのシステムは素晴らしいものになると考えていましたが、解放後のルーラーの再録問題やカードへ物理的にシールを張ることへの抵抗など様々な問題が起こり、結果としては非常に使いにくいものとなってしましました。しかしながら、能力を後付けするというアイデア自体は面白いものでした。

さて、ここからが新生ヴァルハラクラスタの話になります。
まずスターターデッキの概要ですが、各属性1つずつの全5種類のラインナップとなります。そしてその内容ですが、1パッケージあたりルーラー2種で各1枚の合計2枚、20枚のハーフデッキ2組、魔石デッキ12枚(基本魔石)、そしてルーン10枚。以上が封入内容となります。
今までと異なる点は1パッケージに2ルーラーが封入されるということでしょう。いきなり10種もあるのかと思う方もいるでしょうが、このクラスタではブースターパックからルーラーが出現しません。どうしてこのような設計になったのかは第2回目以降に詳しくお話ししたいと考えていますが、とにかくこのクラスタでルーラーが登場するのはこのスターターデッキのみです。これを年間通して使用していただくために登場するのが"ルーン"です。
"ルーン"はこのクラスタにおけるシールアイテムの役割を担うカードです。これらをルーンエリアという場所に置いた状態でゲームを開始します。シェヘラザードのグリモアのような感じですね。
この後付けカードの存在により、このクラスタのルーラー自身が持つ能力はかなりシンプルなデザインになっています(あくまでルーラーは指揮官や総大将で基本的には後方から指示や支援をしており、最終局面に自らが出陣するといったイメージを持ってもらえるとわかりやすいかもしれません)。

ブースターについても軽く触れていきますが、前述の通りこのクラスタのブースターからはルーラーが出現しません。代わりに様々な能力を持つルーンを収録してゆき、10種のルーラーを強化するという方針を取ってゆきます。もちろんルーンだけではなく、それぞれのデッキとシナジーのあるカードも収録しますのでご安心ください。

さて10種もルーラーがあるとすれば当然強さに偏りが起き、徐々に特定のルーラーの使用率が突出するということが考えられます。そこで我々はルーンというシステムを利用し、ルーラー間のパワーバランスの均衡を保ち続けてゆきたいと考えています。具体的にどうするか?下のグラフをご覧ください。

6ed21bb8-8777-42ea-8518-a91adc2aef77.jpg

これは簡易モデルですが、例えばルーラーAのパワーが高いということが大会使用率などのデータで明らかとなれば、次のパックでルーラーAの強化はそれほど行われません。逆にルーラーB~Eのパワーを底上げするべくルーンなどのデザインを行い、ルーラー間のパワーバランスを調整します。
これは我々にとって初めての試みとなりますが、シールアイコンでの経験を活かしより良い商品を提供いたします。

新生ヴァルハラクラスタのスターターデッキとブースターパックの概要は以上となります。
かなり長い記事になってしまったので、ルーンの使い方や詳しい商品の情報などは次回以降またお話ししたいと思います。それでは6/18更新の"新生ヴァルハラクラスタへの招待 Part.2"でまたお会いしましょう!

追記
"新生ヴァルハラクラスタへの招待 Part.2"は翻訳の都合により、公開日時を今週水曜日の12時に変更させていただきます。ご了承くださいませ。