読み物|新生ヴァルハラクラスタへの招待 Part.3

皆さんこんにちは。前回、前々回に引き続き9月発売の次期クラスタ"新生ヴァルハラクラスタ"のスターターデッキとブースターパックのデザインについてお話していきたいと思います。今回はこのクラスタの主人公であるルーラーやそのバックボーンについてです。

このクラスタの舞台となるのは、ヴァルハラの神々が創りし箱庭である"新生ヴァルハラ"です。この世界ではそれぞれ異なる主神を持つ10の勢力が互いを滅ぼし、この世界を統一しようと戦い続けています。ただし、神たちは自らが起こした最終戦争により眠りについており、この戦いは半ば宿命と化しています。

では、それぞれどのような勢力なのかを見ていきましょう


太陽の国 ミネルヴァ

オーディンを主神とした勢力で、ルーラー(神の代理人)はブリュンヒルデです。北欧神話がベースとなっており、特にオーディンの陣営である人間や戦乙女がここに属します。太陽をシンボルとしており、この国の戦士たちは太陽が掲げられている限り死ぬことなく戦い続けられると言われています。
カードとしては癖のないものが多く、主力となるもののコストも低く扱いやすいのが特徴です。また太陽の加護を受け、破壊を免れたり限定的な復活も得意とします。

e8959502-2039-4b97-a882-11261de0bc46.jpg
acd64646-5f01-4d81-a815-55a6ff02d009.jpg


月下の楽園 ルナヘヴン

ゼウスを主神とした勢力で、ルーラーはアトム=シークハルトです。ギリシャ神話がベースとなっており、そこに登場する天使やゼウスが生み出した兎人がここに属します。"十六夜の風"の最後にアトム=シークハルトはかぐやをこの世界へと招き入れ、存続の危機に瀕していたこの国を共に救います。それももう100年以上前の話で、今や伝説となっています。
飛翔を持つカードが多く攻撃が止まりにくいのが特徴です。また月からの加護を受けているため、ライフ回復や障壁を与えるなど守備的なカードも多く存在します。

00366f7f-be3f-4923-90d1-7ddcdca32b54.jpg
f26056d3-0815-434b-9f4e-b0dbdeae78b4.jpg


蜃気楼の都市 サンドラ

アトゥムを主神とした勢力で、ルーラーはイシスです。エジプト神話がベースとなっており、そこに登場する神々や砂漠に生きる生き物たちがここに属します。
炎属性らしくダメージを与えることに長けており、特にルーンによるものは強力です。リゾネイターたちもそれをサポートしてくれるでしょう。

735b8daf-b9c4-4408-8afe-b57bf114742e.jpg
a37fd6ab-f0a6-47e7-9e34-3aa788b30333.jpg


灼熱の火山 崑崙

元始天尊を主神とした勢力で、ルーラーは伏羲です。中国神話がベースとなっており、主な種族として人間や獣(特に虎)そしてドラゴンがここに属します。
序盤は人間や虎で戦線を維持してゆき、最後は空からドラゴンでというのが主な兵法です。このドラゴンを輝かせるためには伏羲の力が必要不可欠になるでしょう。

84f7d362-2e63-463c-a79f-8e1f36517d30.jpg
2ce5625b-3ae9-4ba0-895a-0747ae558868.jpg



機士の空城 スカイラウンド

デウスエクスマキナを主神とした勢力で、ルーラーはアーサーです。主な種族として機械やアンドロイドがここに属し、アーサー王伝説に登場する円卓の騎士たちも機械化しています。マーリンと呼ばれる巨大な制御システムを用いて都市を維持しています。
+100/+100カウンターを置くカードが多くあり、これを用いてステータスを上昇させながら戦います。置くだけではなく取り除いて発揮する効果もありますが、使い過ぎにはくれぐれもご注意を。

578d2b15-76ed-47d5-9119-32de1c380564.jpg
7963e464-24a7-464e-b713-90222a7a7e0a.jpg


迷いの森 ミストフォレスト

ロキを主神とした勢力で、ルーラーも同じくロキとなります。このロキは神々の戦争をけしかけた張本人ですが、ヴァルハラが滅びる前に自身をこの世界へと送り込みました。主な種族として童話や、数は少ないですが北欧神話の怪物などがここに属します。
カードを覚醒させることで本領を発揮するトリッキーなグループで、これをうまく扱うことが重要です。またドローする効果も数多くあるので、質より量で攻め込む戦略を取っていきましょう。

5b099b94-a296-4805-9b57-8455b1c9af64.jpg
25c8fc17-aab2-4c36-9750-bbb13f9d76bb.jpg


神隠しの里 コウガ

バステトを主神とした勢力で、ルーラーはハンゾウです。和風の世界観で、主な種族として猫忍者や妖怪などがここに属します。神隠しの里の名前通り普段は外界から見ることができず、特定の時間に現れる穴をくぐることでしかここには到達できません。
主な種族が忍者ということで、器用にいろいろなことができます。総じてバランスは良いですが器用貧乏な一面もあり、プレイヤーのスキルが試されます。

c74298dc-904a-44dd-aee4-0cf21cc576c8.jpg
b344ee16-2b6a-4c23-ad6f-5533d4238c13.jpg


孤島の聖域 ロストアイル

シヴァを主神とした勢力で、ルーラーはチャミミです。インド神話がベースになっており、主な種族として妖精や獣、ミミ一族がここに属します。ミミ一族は言葉を話すことはできますが、"だみー"など変な語尾がつくのが特徴です。孤島であるロストアイルは自然豊かな秘境で珍獣も多く生息しています。
とにかくパワフルな勢力で、目の前に壁があるのならそれを壊して突き進むタイプです。ただし獣たちはやりすぎてしまうこともあるので、ミミ一族の力を使って上手にコントロールしていきましょう。

7a31a954-7b0d-4a4e-89bf-9d4a3f99984b.jpg
3146d176-1dcd-4e91-976f-a06902383bed.jpg


雨止まぬ遺跡 レインルインズ

サタンを主神とした勢力で、ルーラーはルシファーです。主な種族としてサタンと共に堕ちた堕天使や悪魔がここに属します。人間も少ないながら居ますが、悪魔崇拝や狂信者的な者が少なくありません。また天使など光の勢力に対しては憎悪を向けています。
相手の手札を攻めてたる手札破壊が得意な勢力で、相手の選択肢を削り取ってから本領を発揮します。またこのような状況にさらに追い打ちをかけるような悪魔もいるようです。

d5bf0dfb-257a-4a55-80d8-0b8fa703f429.jpg
0ac38b4e-79e5-4702-9ce9-318086c6e38d.jpg


底なしの大穴 ジ・アビス

ヘルを主神とした勢力で、ルーラーはリッチです。リッチは元から不死者の王ではなく高名な僧でしたが、ヘルによって殺害されこの姿で復活させられました。アンデッドやゾンビ、スケルトンなどが主に属しており、人間はリッチが蘇った際の瘴気で残らず不死者になっています。大穴は異世界へ繋がっているとされていますが、力無きものは近づくだけで息絶えてしまうため詳細は不明です。
スケルトンやゾンビなどはステータス自体は高くないものの、次から次に湧き出たり何度も蘇ったりと非常に持久力があります。蘇生手段も豊富にあるので犠牲を気にせずに攻め込みましょう。

97f1a515-39a5-4d53-a267-0110766497fc.jpg
bf513cd8-569a-48bf-88c1-af68fff4592d.jpg

ルーラーやバックボーンに関する情報は、現在のところ以上となります。
本当はまだまだ紹介したいことがあるのですが、それはまた別の機会にできれば幸いです。
もちろん今回もSNS等でカードプレビューも行いますので、こちらもお楽しみに!

それでは、今度は”新生ヴァルハラ”の世界でお会いしましょう!