ニューフロンティア最新デッキ紹介 vol.24 “曙光レトリエラ”

みなさんこんにちは。“ニューフロンティア最新デッキ紹介”第二十四弾です。
今回紹介するのは“曙光レトリエラ”です。


今回紹介するのは零夜クラスタ第一弾『革命前夜』に収録されているルーラー《フィール・レトリエラ / 風の王 フィール・レトリエラ》を軸としたデッキです。
デッキ全体の前にまずこのルーラーについて触れておきましょう。ルーラー面の《フィール・レトリエラ》は自分のエルフ二体をレストして魔石を一枚リカバーするというユニークな能力を持っています。ターンに一回と限定されているものの、エルフのリゾネイターを疑似的にウィルを生むリゾネイターのように扱うことができます。同弾に収録されている《精霊呼びのエルフ》とは相性が良く、このデッキでは主に《精霊呼びのエルフ》を用いてこの能力を使っていく形になります。
ラピスクラスタの《風纏いのエルフ》等含む他のエルフとも相性がいいのですが、今回のデッキはリゾネイターの数を増やすこと自体にはそこまでの意味がないため採用を控えています。《フィールの号令》が主になるデッキにおいてはそういったラピスクラスタのエルフカード達を採用したほうがよいでしょう。

一方Jルーラー面の《風の王 フィール・レトリエラ》は、場に出た時に誘発する能力によって自分のデッキから好きな四コスト以下のエルフを呼び出すことができます。このデッキには《エルフの弓姫 ティア・レトリエラ》《吸血鬼ハンター クリスティ》《エルフの王 オ—ベロン》の三種を採用しているので、状況に応じてこれらを呼んでくることになります。相手の場に大型のリゾネイターがいるならティアを、このターン二枚以上のカードをプレイしているならクリスティを、トークンを並べて相手の攻撃を止めたいのならオーベロンをという具合ですね。
そしてもう一つ、場に出る際に『風の護りカウンター』が四つ乗るという能力を持っています。このカウンターを1つ消費することで対象のエルフに+300/+300の補正か<障壁>を与えられます。カウンターを取り除くだけで使える上、ターン中の回数制限がないため非常に取り回しのいい能力といえます。

さて今回のデッキのコンセプトですが、フィールの能力で場に出したエルフをカウンターで強化し、それに対して《ジ・アースの曙光》もしくは《力の発現》を合わせることで連撃をするというものになります。
理想的な動きとしては

  • 一ターン目:《聖域のエルフ》か《精霊呼びのエルフ》を召喚
  • 二ターン目:《天風の魔導師 メルフィ》か《聖域のエルフ》《精霊呼びのエルフ》を召喚
  • 三ターン目:ルーラーをジャッジメント。デッキから好きな四コストエルフを場に出す
こんな感じです。相手の妨害や相手側の攻める速度の速さに応じてこれを変えていくといいでしょう。相手側が早いデッキならば《アマテラスの眼光》などを挟んでターンを遅くしたり、デッキから出すエルフをオーベロンにした上で《エルフの隠れ里 アモンスール》を張るなどで足止めをしましょう。
以上がデッキの基本的な扱い方になります。

各デッキに対する戦い方

さて各デッキに対する戦い方ですが、大まかに三つに分けて説明していきます。

コンボデッキ

コンボデッキを阻害するタイプのカードが無いので、非常に苦手なデッキです。しかしながら、こちらのデッキの立ち上がりは遅いわけではないので、相手のデッキの動き出しが遅ければ十分に勝ち目はあるでしょう。

ビートダウンデッキ

現在では主にプリシや九尾のデッキがこれに当たります。メインから《天照の眼光》を入れている関係上、そう悪い相手にはならないでしょう。九尾相手ではサイドから投入できるカードが多いので、サイド後に多少有利になるかもしれません。

コントロールデッキ

フィールの能力で四回まで<障壁>を与えることができるため、除去主体であるならそこまで苦手なデッキではありません。あまり見ないカードではありますが、《アリスの狂った世界》などを出されてしまうと苦しくなることが予想されるため、サイドからは《極大竜巻》や《天の風》を入れるといいでしょう。

サイドボードのカードについて


リゾネイターが多く並ぶこのデッキとは相性がいいです。基本的にはなんでも破壊できるので、サイドチェンジの際にメインデッキから抜くカードはあるけどサイドから入れるカードに困ったなという場合はおすすめになります。

<飛翔>を持つリゾネイターや闇のリゾネイターへのメタ枠です。単純にそれだけなのですが、クリスティに関してはこのデッキだと最悪フィールから呼び出すことも可能なので一枚でも意味のあるカードといえます。


試合がこじれそうな相手。主にはコントロールデッキ相手におすすめです。ウィルが伸びやすいので、割と早いターンに出てこれます。
≪天の風≫:アディション対策枠ですが、今の環境ではあまり必要ないやも?他に入れたいカードがあるならそちらを優先するのもありですね。

サイドデッキに関しては以上です。

今回は採用しなかったものの強力なカード


ドローしつつ相手のチャンプブロッカーを除去しうるカードです。ティア・レトリエラとも相性がいい点が高評価。


メタ枠です。環境次第で《かぐやの月光蝶》などとセットでサイドデッキに採用するといいでしょう。


このデッキでは先行でも最速なら二ターン目に出すことができるカードです。エルフというテーマから外れてしまうので採用を見送りましたが、強力な一枚。


相手がリゾネイターを並べるデッキだった場合に有効です。現状では<飛翔>を得ることによって除去されやすくなってしまうため、採用を見送っています。


曙光よりもコストが増えてしまいますが、その分相手のリゾネイターをレストすることもできるカードです。このデッキではウィルが伸びるためこちらの方が使いやすいシーンもあるかもしれません。


わかりやすい詠唱無効です。精霊術である利点を生かせないこのデッキではコストが重く、これを使ってまで止めたいカードが少ないので見送りました。

主に採用候補となるカードは以上になります。

今回の最新デッキ紹介は以上になります。
零夜クラスタ第一弾が発売し、しばらく経ちましたがプレイヤーの皆さんはどんなデッキを作っているのでしょうか。新弾には多くのギミックがあるので、そちらを活かした新しいデッキを作っていくのも非常に楽しいのではないかと思います。

今回第二十四弾を最後に“ニューフロンティア最新デッキ紹介”は休載とさせていただきます。
約一年間ありがとうございました。また機会があればお会いしましょう。

文:伊藤 創一

伊藤 創一
日本OPEN優勝やOPENチャレンジ優勝など、輝かしい実績を持つ日本を代表するプレイヤーの1人。
WGP2016日本代表にも選出された。
緻密で丁寧なカード考察に定評があり、プレイヤー達からの信頼も厚い。

コラム (ビギナーガイド等)

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム

コラム