スターターデッキを強化しよう!|『至宝の輝き』編

皆さんこんにちは。
プレリリースイベントも終了し、いよいよ『革命前夜』の発売が今週末に迫ってきました。
『革命前夜』にはゴーレムなどの新しいテーマのカードはもちろん、8月に発売された『零夜クラスタ スターターデッキ』を強化できるようなカードも多く含まれています。
この記事ではそれらのカードを使用し、スターターデッキを強化する一例をあげていきます。
第1回目は光属性の『至宝の輝き』を取り上げます。

どんなデッキ?

c87032fe-3c88-40c9-b635-26263846e31d.jpg
2e8ff161-5932-43cf-be80-ea4a706d9dcd.jpg

『至宝の輝き』はパンダという種族をフィーチャーしたデッキです。
搭載されているメカニズムは「宝石」で、これを参照して能力を得るまたはコストとして消費して戦います。

『革命前夜』収録おすすめカード

上記2枚のカードは宝石を補給しつつドローを行えるものです。
好きな属性の宝石を得られるため柔軟性も高く、使い勝手の良い効果ですね。

パンダ中心のデッキということもあり、《曲芸の双子 シンシン&レイレイ》は非常に良い働きをしてくれるでしょう。ただし消費する宝石の量も多いので、確保できるカードも多めに必要になります。
宝石騎士 エメラルド》はシンシン&レイレイから呼び出しても、はたまた手札からプレイしても強力なパンダです。風の宝石が必要になるのでこちらも準備できるようにしましょう。

これら2枚はリゾネイターを一時的に除外し、ターン終了時にそれを場に出す効果を持つカードです。これをうまく用いて「これが場に出たとき」という効果を使いまわすことができればベストですね。
それに加えて《白霧の踊り子 オルフィカ》はパンダの強化とサーチが、《転生の光》には<追憶>(墓地からプレイできる能力)がそれぞれ備わっているため、よりデッキに合ったものを使いましょう。

ラピスクラスタのカードを使うなら

ラピスクラスタを使用する最大の利点の一つに《熱輝の魔石》をはじめとする、2属性のウィルを生み出せる特殊魔石を使用できるというものがあります。今回サブに炎を選んだ理由は《童話書庫 アレクサンドリア》の存在です。
このカードは自分がコントロールする選んだ種族のリゾネイターすべてに<迅速>(場に出てすぐに攻撃できる能力)を与えるというもので、主戦力がパンダに集中している『至宝の輝き』にとって素晴らしい1枚となります。シンシン&レイレイをうまく活用してあげれば1ターンで相手のライフを削りきることも不可能ではありません。
他にも汎用性の高い《紅蓮の光》や全体除去カード《ルミアの裁き》などもありますので、カードデータベースから検索してみてください。

「スターターデッキを強化しよう!|『至宝の輝き』編」は以上となります。
最初にも書きましたが、これはほんの一例にすぎません。もっと相性の良いカードもきっとありますので、ぜひ自分の手で素晴らしい組み合わせを見つけてみてください。

それではまた次回『竜の血脈』編でお会いしましょう!