新生ヴァルハラクラスタ|スターターガイド【光】

みなさんこんにちは。このシリーズ記事では新生ヴァルハラクラスタスターターデッキを半分にして遊ぶ際のデッキリストと戦い方のコツを簡単に紹介しています。
この記事では光属性の紹介を行います。

どんなデッキ?

アトム=シークハルトをルーラーに据えたハーフデッキは、兎人や天使を中心に構成されています。
それらをルーンでバックアップし戦うのがこれの特徴です。

枚数カード名種類
1アトム=シークハルト / 煌めく兎 アトム=シークハルト J/ルーラー
4月の魔導師リゾネイター
4兎人の戦士リゾネイター
4財宝の天使 ベトールリゾネイター
4戦争の天使 ファレグリゾネイター
4月を司るもの フルリゾネイター
1幻惑ルーン
1脱兎ルーン
1因果逆転ルーン
1プチメテオルーン
1ゼウスの豪雷必殺ルーン
6光の魔石魔石

◆戦い方のコツ

序盤から積極的に攻めていきましょう。飛翔を持つリゾネイターが非常に多く、攻撃を妨害されにくいのが特徴です。《月の魔導師》は非常に強力なリゾネイターですので、<ルーン>2は早期に達成したいところです。
そうなるとJルーラーである《煌めく兎 アトム=シークハルト 》のルーンをプレイしたときに誘発する能力がもったいないと感じてしまうかもしれませんが、これを使いたいがためにルーンを温存し押し返せないところまで行ってしまっては本末転倒です。危ないと感じたら無理をせず適宜ルーンを使っていきましょう。

◆『新生ヴァルハラ』を使って強化するなら

このデッキは天使が中心となって構築されているため、それらを強化・サポートするカードを入れてみましょう。
具体的にはデッキから後続を呼び出す《統率の天使 オフィエル》や序盤の手札サポートになる《知識の天使 アラトロン》、全体強化の《月下の楽園 ルナヘヴン》などがこれに該当します。


煌めく兎 アトム=シークハルト 》や<ルーン>能力を活用したいのであれば、ルーンエリアに軽いコストで使用できるルーンを揃えておきましょう。光属性であれば《天使の囁き》や《月の光》が、他属性であれば《砂嵐》などでしょうか。また他属性のルーンを使用するときには《全知の魔石》が役に立ちますので覚えておきましょう。

どんなデッキ?

ブリュンヒルデをルーラーに据えたハーフデッキは、人間や戦乙女を中心に構成されています。
コストや種族が制限されていますが、墓地からリゾネイターを場に出すことも比較的得意です。

枚数カード名種類
1ブリュンヒルデ / 魂の選別者 ブリュンヒルデJ/ルーラー
4太陽の信奉者リゾネイター
4太陽の戦士リゾネイター
4戦乙女に選ばれしものリゾネイター
4慈悲の救済 エイルリゾネイター
4勝利の戦乙女 シグルーンリゾネイター
1エインヘリャル召喚ルーン
1解呪ルーン
1伝承の指輪ルーン
1ブリュンヒルデの怒りルーン
1オーディンの裁き必殺ルーン
6光の魔石魔石

◆戦い方のコツ

キーとなるのは《戦乙女に選ばれしもの》です。このカードは墓地から場に出すことで本領を発揮するので、積極的に攻撃やブロックに参加させてしまいましょう。そしてこれがやられてしまっても、《慈悲の救済 エイル》や《エインヘリャル召喚》で復活させるプランで問題も無駄もありません。
必殺ルーンの《オーディンの裁き》は味方も巻き込んでしまう除去カードですので、使うタイミングには注意が必要です。《勝利の戦乙女 シグルーン》や《伝承の指輪》にある<破壊不能>を持たせておけば文字通り破壊されなくなるので、こちらと合わせて使用するといいかもしれません。

◆『新生ヴァルハラ』を使って強化するなら

使い勝手の良い戦乙女である《未来の戦乙女 スクルド》やこのデッキ内容であれば除去兼ライフ回復カードとしての活躍が期待できる《戦乙女の槍撃》はぜひデッキに入れておきたいカードです。
信仰の魔石》はウィルを生み出す能力しか持たない魔石ですが、そのウィルを使った人間や戦乙女は無効にならないので風属性を相手にするときに重宝するでしょう。これの効果範囲に入っている《百年英雄 ジークフリート》や《ミネルヴァの指揮官》などの採用も検討できますね。

光属性のスターターデッキに関しては以上になります。
他の属性に関しての記事は、以下のリンクよりご覧ください。