新生ヴァルハラクラスタ|スターターガイド【炎】

みなさんこんにちは。このシリーズ記事では新生ヴァルハラクラスタスターターデッキを半分にして遊ぶ際のデッキリストと戦い方のコツを簡単に紹介しています。
この記事では炎属性の紹介を行います。

どんなデッキ?

伏羲をルーラに据えたハーフデッキは、人間や獣、ドラゴンで構成されています。
デッキからカードを直接場に出すことを得意とし、それによって本来の力を発揮するカードもあります。

枚数カード名種類
1伏羲 / 崑崙の帝王 伏羲J/ルーラー
4連弩兵リゾネイター
4捨て身の炎兵リゾネイター
4崑崙の虎リゾネイター
4鳳雛リゾネイター
4崑崙のドラゴンリゾネイター
1ドラゴンダンスルーン
1竜の飛翔ルーン
1爆炎陣ルーン
1伏兵ルーン
1炎兵八陣必殺ルーン
6炎の魔石魔石

◆戦い方のコツ

非常に優秀な能力とステータスを持つ《崑崙のドラゴン》をいかに使いこなすかがキーになります。このカードはデッキから場に直接出すことによって能力を発揮させるため、ゲーム前の手札入れ替えの段階で手札にあったならデッキに戻してしまいましょう。場に出た後も《竜の飛翔》によって場の制圧に貢献できます。
またリゾネイターが多く場に並びやすいという特徴もあるため、《捨て身の炎兵》や《崑崙の虎》を場に出したのち《伏兵》や《炎兵八陣》で一気に畳みかける戦略も効果的です。

◆『新生ヴァルハラ』を使って強化するなら

このデッキの得意分野を伸ばすことに着目してカードをセレクトするなら、低コストで場に並びやすくかつ優秀な能力を持つ《崑崙の道士 申公豹》と《黒点虎》は外せません。これに付随して《雷公鞭》という優秀なダメージカードを無理なく使用できるのも良い点ですね。
こうして並んだところに《灼熱の炎山 崑崙》を置いてあげればより効果的です。
前クラスタにはなりますが、《超竜 シューティングスター》もおススメです。非常に優秀なのでぜひ使ってみてください。


どんなデッキ?

イシスをルーラーに据えたハーフデッキは、人間や超越者などで構成されています。
直接ダメージを与えることに長けており、それをサポートするリゾネイターやルーンを織り交ぜながら戦います。

枚数カード名種類
1イシス / 百器将 イシスJ/ルーラー
4サンドラの鍛冶屋リゾネイター
4サンドワームリゾネイター
4造形の魔術師リゾネイター
4砂のドラゴンリゾネイター
4裂壊将 セトリゾネイター
1炎のエンチャントルーン
1毒針ルーン
1暗器 ケペシュルーン
1大砂嵐ルーン
1旋風烈火必殺ルーン
6炎の魔石魔石

◆戦い方のコツ

まずは自分が戦いやすい場を作りましょう。具体的には《サンドラの鍛冶屋》や《造形の魔術師》を場に出していき、このデッキの得意とするダメージを与えるという部分をさらに伸ばします。場が固まれば相手が展開したリゾネイターは《大砂嵐》でたやすく一蹴できます。
そうなればあとは《砂のドラゴン》や《裂壊将 セト》でガンガン攻めていくだけです。詰めの一発として《暗器 ケペシュ》もいい働きをしてくれます。

◆『新生ヴァルハラ』を使って強化するなら

相手の場に《裂壊将 セト》でも対処できないカードが現れたときに備えて《犬霊将 アヌビス》を用意しておきましょう。このカードは一点集中もしくは広い範囲にダメージを与えることができる器用なカードで、さらには専用のサーチカードである《死者の埋葬》も用意されています。サーチには条件がありますが、墓地を対策するおまけとして使えるので無駄になるということはないでしょう。

炎属性のスターターデッキに関しては以上になります。
他の属性に関しての記事は、以下のリンクよりご覧ください。