新生ヴァルハラクラスタ|スターターガイド【風】

みなさんこんにちは。このシリーズ記事では新生ヴァルハラクラスタスターターデッキを半分にして遊ぶ際のデッキリストと戦い方のコツを簡単に紹介しています。
この記事では風属性の紹介を行います。

どんなデッキ?

チャミミをルーラーに据えたハーフデッキは、ミミー族や獣などで構成されます。
コストに対してステータスが高いものが多く、パワーでごり押しするのが得意です。

枚数カード名種類
1チャミミ / 聖弓の守護者 チャミミJ/ルーラー
4ロストアイルの妖精リゾネイター
4コビトカバリゾネイター
4大盾の勇士 ムーリゾネイター
4聖域の巨象リゾネイター
4大槌の戦士 リゾネイター
1乱れ打ちだみー!ルーン
1狙い撃ちだみー!ルーン
1森の中の瞑想ルーン
1川下りルーン
1巨象爆進必殺ルーン
6風の魔石魔石

◆戦い方のコツ

コストパフォーマンスの優秀な《コビトカバ》や《聖域の巨象》でガンガン攻めましょう。ただしどちらのカードもそれ相応のデメリットを持ち合わせているのでそれのケアも大切です。特に巨象は自分の魔石を減らしてしまうため、《森の中の瞑想》で魔石を補充するのをお忘れなく。
貴重な除去である《狙い撃ちだみー!》はJ/ルーラーをレストする必要があり隙を作りやすいため、ジャッジメントしたターンなどに使うとなど隙を見せない工夫が必要です。

◆『新生ヴァルハラ』を使って強化するなら

上述の通り除去カードが不足しているため、せっかくの高パワーを活かせないということも多々発生します。そんな時には《魔投擲のレムリア》で除去してしまったり《魔法のブーメラン》で飛翔を持たせてうまく回避していきましょう。またブーメランはそれ以外にも2つのモードを備えているので、状況に応じてモードを使い分けましょう。
リゾネイターの補充は《秘境探索》が最適です。ルーンエリアからなら0コストで使えるので、《ミミー族の探検家》も併用して息切れをしないようなプレイを心掛けたいですね。


どんなデッキ?

ハンゾウをルーラーに据えたハーフデッキは、猫忍者や妖怪などで構成されます。
比較的オールラウンドなデッキですが、パーツを集めて一気に畳みかけるコンボ寄りの一面もあります。

枚数カード名種類
1ハンゾウ / コウガの頭領 ハンゾウJ/ルーラー
4黒もふリゾネイター
4大がま蛙リゾネイター
4妖怪 百目リゾネイター
4蛙使い ジライヤリゾネイター
4魅惑のくノ一 チヨメリゾネイター
1風魔手裏剣ルーン
1つむじ風の術ルーン
1影走りルーン
1神隠しルーン
1封印の巻物必殺ルーン
6風の魔石魔石

◆戦い方のコツ

序盤はあまりアグレッシブに攻めずに1体でも多くの《大がま蛙》と《蛙使い ジライヤ》を場に出していきます。ある程度の数が揃ったら《妖怪 百目》や《風魔手裏剣》で相手のブロックを妨害しつつ、ルーンで《大がま蛙》のステータスを上げて一気にライフを奪ってしまいましょう。
長期戦になってしまったなら《魅惑のくノ一 チヨメ》の出番です。場に出ているだけでどんどん猫が増えるので、これで時間を稼ぎつつ逆転の手を探していきましょう。

◆『新生ヴァルハラ』を使って強化するなら

大がま蛙》のステータスをアップさせつつ、《妖怪 百目》を場に出すことができる《妖怪達の祭》はこのデッキにとって最高に相性の良いカードの1枚です。妖怪なら何でも呼び出すことができるため、高いフィニッシャー性能を持つ《鴉天狗 カルラ》も選択可能です。《神隠しの里 コウガ》は除去からの回避や<参戦>の再利用など、うまく利用できればとても楽しい1枚です。《隻眼の剣士 ジュウベエ》や《蛙使い ジライヤ》、他属性ならば《悪の経典 ベリアル》などを出し入れしてみるもの良いでしょう。
風属性のスターターデッキに関しては以上になります。
他の属性に関しての記事は、以下のリンクよりご覧ください。