新生ヴァルハラクラスタ|スターターガイド【闇】

みなさんこんにちは。このシリーズ記事では新生ヴァルハラクラスタスターターデッキを半分にして遊ぶ際のデッキリストと戦い方のコツを簡単に紹介しています。
この記事では闇属性の紹介を行います。

どんなデッキ?

リッチをルーラーに据えたハーフデッキは、スケルトンや吸血鬼などで構成されています。
リゾネイターを墓地に置く、もしくは置かれることがメリットとなるスタミナのあるデッキです。

枚数カード名種類
1リッチ / 死聖人 リッチJ/ルーラー
4スケルトンの大群リゾネイター
4アビスの徘徊者リゾネイター
4継ぎ接ぎのフランケンシュタインリゾネイター
4不死の統率者リゾネイター
4癒えぬ渇望 ヴラドリゾネイター
1腐敗ルーン
1死者蘇生ルーン
1死神の鎌ルーン
1スペクターラッシュルーン
1絶命の連鎖必殺ルーン
6闇の魔石魔石

◆戦い方のコツ

いかに《癒えぬ渇望 ヴラド》を効率よく使えるかがポイントとなります。墓地から手札に戻せる《アビスの徘徊者》やトークンを残す《スケルトンの大群》、ターン終了時に除外されてしまう《スペクターラッシュ》のトークンなどはコストとして非常に使いやすいですね。
ここに必殺ルーンの《絶命の連鎖》を組み合わせることができればベストです。このコンボが決まってしまえばもはや勝利は目前でしょう。

◆『新生ヴァルハラ』を使って強化するなら

前述のように《癒えぬ渇望 ヴラド》を効率よく使うためには"弾"となるカードが必要不可欠です。
屍の魔導師》は自身が十分な戦闘力を備えていることと、蘇生先として優秀なステータスを持つ《継ぎ接ぎのフランケンシュタイン》の存在が特に大きいです。そして自身の能力で蘇生できる《穢れの戦士》は闇のカードであれば何でもコストにできるため、使い切りの詠唱などを優先的に使っていきましょう。
除去カードとしては《絶命剣》が非常に優秀です。能動的に墓地へと送り込むギミックを備えたこのデッキなら、ほとんどの場合1コストで使用することが可能でしょう。


どんなデッキ?

ルシファーをルーラーに据えたハーフデッキは、堕天使や悪魔などで構成されています。
相手の手札を墓地に捨てさせる効果が多く、これにより相手の選択肢を減らしながら戦います。

枚数カード名種類
1ルシファー / 落涙の堕天使 ルシファーJ/ルーラー
4下級堕天使リゾネイター
4嘆きの狂信者リゾネイター
4フルーレティリゾネイター
4抗魔のアルマロスリゾネイター
4嗜虐の堕天使 シェムハザリゾネイター
1堕天の涙ルーン
1悪魔の軍団ルーン
1漆黒の翼ルーン
1嘆きの剣ルーン
1ブラックロザリオ必殺ルーン
6闇の魔石魔石

◆戦い方のコツ

とにかく《堕天の涙》や《フルーレティ》の能力を使って相手の手札を減らしていきましょう。打ち漏らしたリゾネイターが場に出てきても、《漆黒の翼》や《ブラックロザリオ》で対処できるので慌てる必要はありません。そして十分に手札を減らした後は《嗜虐の堕天使 シェムハザ》でライフを奪うのが基本戦略です。

◆『新生ヴァルハラ』を使って強化するなら

手札を攻め、打ち漏らしたカードは場で処理する。これがこのデッキの基本戦略ですので、これをサポートするカードを導入しましょう。
悲観の堕天使 アザゼル》や《悪の経典 ベリアル》は条件を満たせばプレイコストを軽減することができ、場に出た際にはリゾネイターを破壊したり自身の手札の質を向上させることができます。ただしどちらも破壊を免れてしまうリゾネイターが出てくるので、その点は別のカードでフォローをしてあげましょう。
堕落の眼差し》では、アディションなどの上記2枚で対応できないカードを場に出る前に引き抜けます。また相手の手札を見れるので、今後のゲーム展開を予想しやすくするという効果も得られますね。

闇属性のスターターデッキに関しては以上になります。
他の属性に関しての記事は、以下のリンクよりご覧ください。