『時還の魔女』プレリリース直前!収録カードのキーワードスキルなどを総復習!

みなさんこんばんは。

いよいよ明日と明後日には『時還の魔女』プレリリースイベントが開催されます!
開催店舗情報は以下のページからご覧ください。

さてこのイベントで使用する『時還の魔女』には165種のカードがあり、それらは様々な能力を持っています。多くはテキストを読めばわかるのですが、初めてプレイされる方は“キーワードスキル”などで躓く事が多いかもしれません。

そこでこの記事では『時還の魔女』に収録されているカードのキーワードスキルを解説していきます。
もう知っている方もそうでない方も、最後までお付き合いいただければ幸いです。

今回のイベントで採用されるルールは『時還の魔女』を6パック(推奨)を使用した“シールド”です。
この“シールド”は主催者から支給されたパックをその場で開封し、その中から出たカードと主催者から支給される基本ルーラーおよび基本魔石を用いてデッキを構築します。
構築のルールについてですがデッキは25枚以上、魔石デッキは8枚以上のカードが必要です。またデッキ及び魔石デッキ内に同名カードを5枚以上入れることができます。

主なルールは以上になります。さらに詳しくはフロアルールの「7c.限定フォーマット」をご覧ください。
それでは改めてキーワードスキルを見ていきましょう。


◆ジャッジメント(コストを支払いカードをJルーラー側に裏返す)

  • ルーラーが持つ常時能力です。
  • “<ジャッジメント>(コスト表記)”は“これがルーラーエリアもしくは場にある場合、そのコントローラーは、ジャッジメント処理をプレイできる。”を意味します。
  • (コスト表記)はそのジャッジメント処理のプレイの際に参照されます。

◆後抗(ウィル1つを生み出せるトークンを持ってゲームを開始する)

  • カードが持つ常時能力です。
  • “<後抗>(ウィルシンボル)”は“先攻プレイヤーの決定後、あなたが先攻プレイヤーでないなら、あなたは除外エリアに、「除外エリアのこのトークンを消滅させる:(ウィルシンボル)を得る。」を持つ、種類を持たないウィルコイン・トークン1つを持った状態でゲームを開始する。”を意味します。

◆グリモア(エキストラデッキを用意してゲームを開始する)

  • カードが持つ常時能力です。
  • “<グリモア>(数値)”は“エキストラデッキとして物語の詠唱を(数値)まで用意してゲームを開始する。”を意味します。

◆飛翔(飛翔を持つカードにしかブロックされない)

  • カードが持つ常時能力で、そのカードをブロックするJ/リゾネイターを制限します。
  • <飛翔>を持つJ/リゾネイターによる攻撃は、<飛翔>を持つJ/リゾネイターでのみブロックできます。

◆物語

  • カードが持つ能力です。
  • “<物語>(数値)-[テキスト]”は、あなたのエキストラデッキの、公開されている物語の枚数が(数値)以上である場合にカードが[テキスト]を持つことを意味します。
  • このカードが詠唱である場合、物語能力は“このカードをプレイする際、あなたのエキストラデッキの、公開されている物語の枚数が(数値)以上である場合、このカードを[テキスト]を持った状態でプレイする。”を意味します。
  • このカードが詠唱でない場合、物語能力は“あなたのエキストラデッキの、公開されている物語の枚数が(数値)以上である場合、このカードは「[テキスト]を得る。」”を意味します。



◆不滅(Jルーラーが破壊されたとき再びルーラーに戻る)

  • カードが持つ常時能力です。
  • <不滅>はそれを持つカードがJルーラーなら、“このカードが破壊されルーラーエリアに置かれる際、その上にアストラル・カウンターを置かず、<ジャッジメント>を失わない。”を意味します。

◆吸魂(与えたダメージ分だけライフを得る)

  • カードが持つ常時能力です。
  • “<吸魂>”は“これがダメージを与えたとき⇒あなたはそのダメージに等しいライフを得る。”を意味します。


◆虚空(手札が0枚なら能力を得る)

  • カードが持つ常時能力です。
  • “<虚空>-[テキスト]”はあなたの手札のカードが0枚である場合にカードが[テキスト]を持つことを意味します。
  • このカードが詠唱である場合、虚空能力は“このカードをプレイする際、あなたの手札にほかのカードがない場合、このカードを[テキスト]を持った状態でプレイする。”を意味します。
  • このカードが詠唱でない場合、虚空能力は“あなたの手札が0枚である限り、このカードは「[テキスト]」を得る。”を意味します。ただし、[テキスト]がプレイする際に意味を持つような内容である場合、虚空能力は“このカードをプレイする際、あなたの手札にほかのカードが無い場合、このカードを[テキスト]を持った状態でプレイする。”を意味します。


◆稼働(攻撃やブロックができる状態にする)

  • カードが持つ常時能力です。
  • “<稼働>(コスト)”は“これは(コスト)を支払わない限り、攻撃やブロックができない。”を意味します。(コスト)の支払いは攻撃やブロックを行うために必要な行動です。
  • カードを“稼働させる”指示がある場合、それは(コスト)を支払わずに攻撃やブロックができます。

◆貫通(ATKがDEFを超えた分だけ相手にダメージを与える)

  • カードが持つ常時能力で、そのカードのバトルにおけるダメージの処理を変更します。
  • <貫通>を持つJ/リゾネイターの攻撃がブロックされている状態で、その攻撃したJ/リゾネイターが戦闘判定ステップでルールによるダメージを与える際、その攻撃しているJ/リゾネイターのコントローラーは、以下の手順で与えるダメージを決定して与えます。
  • あるJ/リゾネイターのDEFから、そのJ/リゾネイターに蓄積されているダメージを引いた値を、そのJ/リゾネイターの致死ダメージ量と呼びます。
  • 攻撃しているJ/リゾネイターのATKの値がブロックしているJ/リゾネイターの致死ダメージ量よりも大きい場合、その上回った点数をブロックしているJ/リゾネイターと、本来の攻撃目標のいずれかまたは両方に、100点単位で分割して割り振ります。
  • その後、ブロックしているJ/リゾネイターに、その致死ダメージ量にそれに割り振った点数を加えた値のダメージを、本来の攻撃目標にそれに割り振った点数のダメージを与えます。
  • <貫通>を複数持っても効果は累積しません。
  • <貫通>によって与えられるダメージは戦闘ダメージです。
◆先制攻撃(相手より先にダメージを与えられる)
  • カードが持つ常時能力で、そのカードのバトルにおけるダメージを与えるタイミングを変更します。
  • <先制攻撃>を持つJ/リゾネイターが攻撃している場合、それを持たないJ/リゾネイターよりも先に戦闘によるダメージを与えます。


◆装備(選んだカードに設置する)
  • アディションが持つ常時能力および条件能力です。
  • “<装備>(コスト)”とは“(コスト):このカードを対象のリゾネイター1体に設置する。この能力は※メインタイミングでのみ、このカードがいずれのカードにも設置されていない場合にのみプレイできる。”を意味します。(※メインタイミングは“ターンプレイヤーが自分に優先権があり、メインフェイズであり、バトル中でなく、チェイスエリアが空である状態”を指します。)
  • “(カード)に装備する”指示がある場合、このカードを(カード)に設置します。
  • “装備されているカード”を参照する場合、それは“このカードが設置されているカード”を参照します。
  • <装備>を持つアディションがいずれかのカードに設置されていて、そのカードが場を離れた場合、そのアディションはどのカードにも設置されていない状態で場に残ります。

◆迅速(場に出てすぐに攻撃などができる)

  • カードが持つ常時能力で、そのカードの攻撃や能力のプレイを制限するルールに影響します。
  • <迅速>を持つJ/リゾネイターは、それが場に置かれたターンに、攻撃および[レスト]をコストに持つ条件能力のプレイが行えます。

◆障壁(相手の呪文や能力の対象にならない)

  • カードが持つ常時能力です。
  • <障壁>は“このカードは、あなた以外のプレイヤーがコントロールする呪文や能力の対象にできない。”を意味します。
  • <障壁>(情報)は“このカードは、あなた以外のプレイヤーがコントロールする(情報)である呪文や能力の対象にできない。”を意味します。

◆襲撃(リカバー状態のカードに攻撃できる)

  • カードが持つ常時能力で、そのカードの攻撃に攻撃目標の選択するルールを変更します。
  • <襲撃>を持つJ/リゾネイターは、リカバー状態のJ/リゾネイターに対して攻撃を行えます。


◆猛進(攻撃可能ならば必ず攻撃する)

  • カードが持つ常時能力です。
  • <猛進>は“このカードは可能なら攻撃する。”を意味します。これは攻撃を強制する能力です。


◆瞬動(これを持つカードはいつでもプレイできる)

  • カードが持つ常時能力で、そのカードをプレイできるタイミングを変更します。
  • “<瞬動>”は“あなたはこのカードを、あなたが優先権を持ち、優先権保有時行動を実行できるときならいつでもプレイしてよい。”を意味します。

◆覚醒(追加コストを支払うと追加の能力を得られる)

  • カードが持つ常時能力で、そのカードのプレイおよび解決時の処理を変更します。
  • “<覚醒>(コスト):(テキスト)”とは“このカードをプレイするに際し、このカードを覚醒させてプレイしてよい。そうした場合、このカードは追加コストとして(コスト)を持ち、このカードは(テキスト)で示された能力を持った状態で解決される。”を意味します。


◆神技(ゲーム中に1度だけ使える能力)

  • “神技”はカードが持つ条件能力です。
  • “神技(能力名)(条件能力)“は“(条件能力)あなたは(能力名)を、ゲーム中1回のみプレイできる。”を意味します。
  • 異なる能力名の神技は、それぞれのゲーム中に1回ずつプレイできます。
  • 何らかの効果によりプレイした神技が無効にされた場合でも、その神技はプレイされたものと見なされます。

『時還の魔女』にあるキーワードスキル等の解説は以上になります。
更に詳しい説明は総合ルールの「1100.キーワードとキーワードスキル」をご覧ください。

それではよい週末を!