総合ルール改定について

● 新クラスタでのルール変更に関して

今回、Force of Will TCGが新セット『氷棺の聖女』から新たに“ラピスクラスタ”に入るにあたり、いくつかのルール変更を行うことになりました。基本的には、できるだけシンプルに、わかりやすいルールを目指したものです。

* 種類「詠唱」と能力[瞬動][発動条件]

「スペル」と言う表記はチェイス上の「呪文」と(特に英語で)混同しやすく、また「スペル:詠唱~」は表記上も長くテキストや会話で使うのに適切ではありません。今後はこれを以下のように変更します。

これまで「スペル:詠唱」「スペル:詠唱破棄」「スペル:詠唱待機」という表記だったカードを、すべて「詠唱」に一元化します。

旧表記 新表記
スペル:詠唱 「詠唱」
スペル:詠唱破棄 [瞬動]を持つ「詠唱」
スペル:詠唱待機 [発動条件]を持つ「詠唱」

これまでのカードで「詠唱」を参照する場合、これ以降は任意の詠唱(旧詠唱破棄や詠唱待機を含む)を参照できます。一方でこれまでのカードが「詠唱破棄」を参照する場合は、これ以降は「[瞬動]を持つ詠唱」を参照することになります。詠唱待機と「[発動条件]を持つ詠唱」も同様です。

また、これにより[瞬動]があらゆる種類のカードで使われるようになったこともあり、カードが[瞬動]を持つことをわかりやすくするため、[瞬動]を持つカードのコストには稲光が表記されます。

* アディションに関するルールの変更

ラピスクラスタ以降で登場するアディションは、これまでのように“アディション”の後にカッコ書き(分類)がありません。これはまったく新しいアディションです。

新しいアディションをプレイする場合、リゾネイターやレガリアのように何も対象に取らずにプレイし、解決したらそのまま場に出します。アディションを何かに設置するようにプレイすることはありません。
新しいアディションが何かに設置されていて、その設置されているカードが場を離れた場合、それにアディション自身はそのまま場に残ります。これまでのように墓地に置かれることはありません。

※ 重要:これまでの分類のあるアディションにはルール変更はありません。分類のあるアディションと分類の無いアディションでルールが異なる扱いになります。

* 誘発能力の表記

誘発能力を、それが誘発能力であることや、条件と効果の区別をはっきりさせるために、新しいカードでは誘発能力を「(条件) ⇒ (効果)」で表記します。

* Jルーラーの破壊

Jルーラーが破壊された場合、それはルーラーエリアにルーラー面を表にして(ルーラーとして)戻され、さらにこれ以降このゲームの間[ジャッジメント]能力を失います。それ以外のルーラー面の能力は使用できますし、魔石のコールももちろんできます。破壊されたことをはっきりさせるために、このルーラーの上にカウンターを1個置いてください(“アストラル・カウンター”を呼びます)。このカウンターはあくまで目印なので、何らかの理由で取り除かれても[ジャッジメント]能力が戻ってくるわけではありません。

* 魔石エリアの削除

これまでは魔石エリアと場を区別していましたが、この二つを区別する理由はフレイバー的な物を除くと特にあるわけではありません。ラピスクラスタ以降は魔石エリアはなくなり、魔石は場に置かれます。

* [指定攻撃] → [襲撃]

旧カードの[指定攻撃]は、特に英語において対象を“指定”するように見えて、対象にできない能力との相互関係で混乱することがありました。これ以降は、旧[指定攻撃]は[襲撃]に名称が変更になります。この2つは同じ能力として扱います。

* トークン

効果により、カードのように扱うトークンが作られることがあります。
トークンはカードによって場に作られ、カードと同様に機能します。それは能力を持つこともありますし、種類がリゾネイターであればATKやDEFを持ち、攻撃やブロックが可能です。
トークンはカードと同様に扱い、場のカードに適用される効果はトークンにも適用されます。
トークンが場を離れる場合、いったんその移動先の領域に移動し、その後次の処理を行う前にその領域で消滅します。したがって、「カードが場を離れた時」「カードが墓地に置かれた時」などの誘発条件を満たします。
単に“○○トークンを場に出す”とある場合、それはカード名が○○で種族が○○で、種類がリゾネイターのトークンです。

* メインデッキ → デッキ

表記の簡略化のために、今後はテキストで「デッキ」と言う場合、それはメインデッキを意味します。

● 新能力

* 現界
[現界]は攻撃やブロックにより何らかの威力が減少することを表わす能力です。
「[現界] (数値)」を持つカードが場に出る際、その上に現界カウンターを(数値)個置きます。このカードが攻撃やブロックした場合、その上から現界カウンターを1個取り除きます。現界カウンターは他の能力で参照したりコストとして消費したりすることがあります。
現界カウンターが無くなってもこのカードは通常どおりに攻撃やブロックができ、それ以上のペナルティもありません。

* 後抗
[後攻]はルーラーが持つ能力で、後攻になった場合に有利な能力です。
[後攻]を持つルーラーのコントローラーが先攻プレイヤーでない場合、そのプレイヤーはウィルコインを1つ持ってゲームを開始します。ゲーム中の任意の時点、そのプレイヤーはこのウィルコインを消滅させて、[後抗]能力で指定されたウィルを生み出すことができます。これはウィル能力です。

* 障壁
[障壁]は、相手の呪文や能力からカードを守る能力です。
[障壁]のあるカードは、対戦相手の呪文や能力の対象にできません。
[障壁]が「[障壁] (条件)」と書かれている場合は、その能力を持つカードは、対戦相手の呪文や能力のうち、その条件に合致するものの対象にできません。例えば「[障壁] [炎]」の場合、「あなたの対戦相手がコントロールする[炎]呪文や[炎]属性のカードの能力の対象にできない。」を意味します。

* 装備
[装備]はアディションが持つ能力で、このカードは設置されずに場に置かれている状態からリゾネイターに設置することができます。
[装備]を持つアディションをプレイする場合は、場のカードを対象にできません。一度何にも設置しない状態で場に出す必要があります。
「[装備] (コスト)」は、このカードが場にあり、他のカードに設置されていない状態の時のみ起動できる条件能力です。コストを支払い、場のリゾネイターを1体対象として能力をプレイします(Jルーラーは不可。相手のリゾネイターは可)。解決したら、このアディションを対象となったリゾネイターに設置します。
「装備しているカード」を参照する場合、それはこのアディションが設置されているカードを意味します。

* マナ
[マナ]はカードにカウンターを置く能力です。
「[マナ] (数値)」の能力がある場合、それがルーラーなら、そのルーラーの上にマナ・カウンターを(数値)個置いてゲームを開始します。それが他のカードなら、それが場に出る際に、その上にマナ・カウンターを(数値)個置きます。
[マナ]はカウンターを置く以外に特に他の意味を持ちません。また、他の効果によりマナ・カウンターがカードに置かれることがあります。

* 猛進
[猛進]は攻撃を強制する能力です。
[猛進]能力を持つカードは、可能なら攻撃を行います。実際に攻撃を行う前に他のカードをプレイしたりすることはできますが、バトルを宣言した際に、あなたが攻撃できる[猛進]をJ/リゾネイターをコントロールしている場合、そのうち1体で攻撃する義務があります。同様に、攻撃できる[猛進]を持ったJ/リゾネイターが攻撃しないままターンを終えることもできません。

* フォース
[フォース]は能力ではなく、プレイヤーが効果により実行する行動です。
効果により「[フォース] (数値)」が指示された場合、その効果で指定されたプレイヤー(指定されていない場合は効果のコントローラー)は、1から6の目がある通常の6面ダイスを(数値)個ふります。それ以降、その効果が「その点数」を参照する場合、これによりふったダイスの目の合計の値を使用します。

今後もForce of Will TCGをよろしくお願いします。