『Force of Will』アニメ化決定! 2018年に第一弾国境を超えた大型プロジェクトで世界を目指す!

005FORCE OF WILL株式会社(代表取締役:宍戸英治)は、当社が企画・開発・制作・販売する世界有数のトレーディングカードゲーム(TCG)『Force of Will』のアニメーション製作プロジェクトを決定しました。プロジェクト第一弾として2018年のリリースに向けて、「Force of Will the Movie」を制作します。

「Force of Will the Movie」は『Force of Will』のコンセプトを引き継いだ約15分の短編アニメーション6作品から構成される、オムニバス長編映画(約90分予定)です。『Force of Will』の世界観同様、民話や神話、童話をベースとし、6つの異なるテイストのエンタテイメント作品になります。

各作品の制作には、米国アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされた森田修平氏ら日本のトップクリエイターが多数参加。さらにタイを代表するCGスタジオであるRiFF Studioがオリジナル作品を制作、台湾の大手CG制作会社 TWR Entertainmentが林祐一郎氏監督作品の制作会社として参加する国境を超えたプロジェクトになります。また、2018年以降も毎年新作を展開する予定です。

『Force of Will』は アニメーション作品を通じて、TCG分野だけでなく新たなジャンルで日本市場はもとより、世界を目指します。その第一歩として、2016年6月13日から18日までフランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭(Le Festival international du film d’animation d’Annecy)で併催される国際見本市MIFAにて、プロジェクトを初披露します。

プロジェクトの詳細は、今後、順次告知を予定。日本発のオリジナルコンテツから生まれるビッグプロジェクトに是非、注目ください。

「Force of Will the Movie」を彩る6作品、トップクリエイターが集結
森田修平、田中達之、林祐一郎、天神英貴、須貝真也……

[フォース・オブ・ウィル]「Force of Will the Movie」プロジェクト発表に合わせて、6作品の制作会社と参加クリエイターも決定しました。いずれも日本を代表するクリエイターばかりです。
『カクレンボ』で世界的に注目を浴びたYAMATO WORKSが制作するのはクトゥルフ神話をベースとした作品。監督に『九十九』で米国アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされた森田修平氏、 キャラクターデザインはトップアニメーターの田中達之氏が参加。少女の見る虚構と現実を描きます。

台湾の制作スタジオTWR Entertainmentが制作するのは、西遊記の物語。2016年に公開された『牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-』監督の林祐一郎氏を起用、天神英樹氏がキャラクターデザインを務めます。エッジの立ったCGでいま最もホットなサブリメイションはゾンビを 題材にした作品を制作します。監督に須貝真也氏、キャラクターデザインに島村秀一氏、メカニックデザインに柳瀬敬之氏とこちらも目が離せません。

日本の3DCG業界でマルチな才能を発揮する森江康太氏は、ピノキオの物語を制作。監督・脚本・CG制作を一人三役で挑みます。絵本アプリで大ヒットを 放ってきたGranSkyStudiosは、オリジナル童話作品を制作。鈴木麻紀子氏を監督とキャラクターデザインに立て、ファンタジックな親と子の感動 の物語となります。

国境を超えたプロジェクト タイ・台湾から放つ新感覚アニメーション
「Force of Will the Movie」は世界に向かって放たれるだけでなく、世界の才能をも取り入れます。プロジェクトの展開にあたっては、海外の才能豊かなスタジオやクリエイターの参加も目指しています。

「Force of Will the Movie」の第一弾作品のひとつ『RAAM -THE BRIDGE TO LANKA-』もそのひとつです。そのクオリティーの高さから、タイで最注目とされているアニメーションスタジオRiFF Studioが、本作のために初のオリジナル作品に挑みます。ヒンドゥー教2大叙事詩の1つであるラーマーヤナをリテリングした壮大なスペースラブストー リーを制作します。

また林監督作品の西遊記は、台湾のCGプロダクションであるTWR Entertainmentとタッグを組んで挑みます。ガンアクションありCQBありの世界レベルのハイスピードスーパーアクションを実現します。

プロジェクトは、今後も海外のクリエイターとの協力を積極的に行っていきます。2018年以降の動きも注目してください。