ニューフロンティア禁止改訂のお知らせ

プレイヤーの皆様、『Force of Will』をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
ニューフロンティアの禁止改訂を行います。

適用日:2017年12月25日

以下、新たに適用される禁止制限となります。

新禁止カード

救済代理人 リリアス・ペタル / 九尾の狐》 デッキは非常に強力であり、その能力により《九尾の狐》に対して効果的なカードはほとんどありません。
デッキのコンセプトは非常に面白いものですが、たったの500点のライフで<飛翔>のリゾネイターと魔石2つを提供し、ゲームを終了へ導きます。さらに、他の2体の合成獣が、任意のタイミングでの手札破壊とリゾネイター破壊&ライフ回復を行うため、より強固なデッキとなっています。
闇駆ける グリフォン》は想定を超えた過剰な魔石加速のため禁止されます。
救済代理人 リリアス・ペタル / 九尾の狐》デッキに追加された《狐霊王 リリアス・ペタル》が、より適切に私達の想定していた役割を果たします。

<迅速>と<飛翔>を他の強力なリゾネイターに与えるルーラーの能力と、ゲームの早い段階でも簡単にプレイヤーのライフを0にできるJルーラーの能力の組み合わせは、現在のニューフロンティアのフォーマットにはあまりにも強力なJ/ルーラーでした。
また、《真獣王 プリシア / 転生炎姫 プリシア》デッキのカードの多くは、他の速攻デッキなどでよく採用されるカード達ですが、「<迅速>と<飛翔>を得た《機心継承 マリアベル》」のようなゲームバランスを壊すリゾネイターになることはありませんでした。
それらのカードはこのフォーマットに適正な範疇であると考え、このカードを禁止します。


ゲームでは、プレイヤーが楽しくプレイできるべきです。
ラピスクラスタ第1弾の中で人気のカードの1つであり、《再生する命運 ルミア / 紅蓮の聖女 ルミア》の登場と、このカードが場に出るスピードによって、強力なデッキになりました。
しかし、このカードの望ましくない結果はプレイヤーが楽しくなかったことです。フックによるロックが完成するとその相手プレイヤーは1〜2回しか呪文をプレイできなくなりました。 
『Force of Will』のニューフロンティアは、楽しさに重きを置いた環境を目指しています。
魔石1つのまま、1000/1000のリゾネイターで攻撃され続けるプレイヤーがゲームを楽しめないため、《フック船長》も禁止となります。

新制限カード
変更なし

次の発表は零夜クラスタ第3弾「時還の魔女」発売時を予定しています。
禁止告知は、3か月ごとに、セットの発売に合わせて発表する予定です。 プレリリースが行われる週の金曜日に、1週間早く禁止リストを発表します。


今回の改定、急な発表となってしまい、大変申し訳ございません。
今後とも『Force of Will』をよろしくお願い致します。