風の王(“革命前夜”カードプレビュー5)

皆さんこんにちは。
本日も零夜クラスタ第1弾『革命前夜』のカードプレビューを行います。
プレビューは全8回を予定しており、公開は火曜日と金曜日です。
第5回目はエルフたちの紹介です。

ポータルの先に在る、エルフ世界の王。全てのエルフは彼の為に力と命を捧げる。
フィール・レトリエラはエルフたちを統べる王です。
強力な風の魔術を操り、『精霊のうねり』のルーラーであるギルとも親交があるようですね。

カードとしての《フィール・レトリエラ / 風の王 フィール・レトリエラ》を一言で表すのであれば、“エルフ特化”というのが最もふさわしいでしょう。
ルーラー状態ではエルフ2体のレストと引き換えに魔石を1つリカバーできます。中々相応のコストを要求されますが再びウィルを生み出せるようにできたり、レスト能力も使用できるようになります。また《全知神 オーディン》の影響下など1回のレストで複数のウィルが生み出せる状態にあればさらに爆発的なものとなりますね。

ジャッジメントした際はこれに風の護りカウンターが4つ置かれ、さらに場に出たときに4コスト以下のエルフ1体をデッキから引き連れてこれます。例えば突破力が欲しいのであればステータスの高い《吸血鬼ハンター クリスティ》を、数が欲しいの出れば《エルフの王 オ—ベロン》などその場に応じた選択をしていきましょう。
さて、ジャッジメントの際に置かれる風の護りカウンターは、それを取り除くことにより異なる2つの効果を発揮します。1つはエルフに<障壁>を与えるというものです。これはエルフであればJ/リゾネイターを問わないため、フィール自身を守る役割も果たします。もう1つはATK/DEFの上昇効果です。カウンターを消費する以外コストを支払う必要が無いのでタイミングを選ばないのもメリットで、戦闘ダメージの上乗せやJ/リゾネイター同士の戦闘の勝敗を変えるなど細かいところをケアしてくれます。

統率と団結がエルフの強さだ。
『連なる聖風』で《風の六賢者 フィースシング / 聖風の大魔導師 フィースシング》が登場したことにより、エルフという種族はトークン戦略が得意な種族の一つになりました。今から紹介する3枚はそのトークン戦略をさらに強固なものにしてくれるでしょう。
リゾネイターである《精霊呼びのエルフ》と《群れの指揮者》は、それぞれ場に出たときに100/100のエルフトークンを指定された数呼び出します。前者は100/100のエルフが1コストで2体並ぶので、そのままフィールの能力のコストに充てれば実質ノーコストになりますね。後者は自身が攻撃する事により周りのエルフたちを強化してくれます。数が多ければ多いほど効果的な強化が可能ですので、トークンを展開する能力とバッチリ噛み合っていますね。
森のポータル》は継続的にトークンを生み出すアディションです。しかし無限にというわけではなく、これに置かれている導きカウンターを消費していきトークンを生み出していきます。現状では5ターンの間に5体で打ち止めということになりますが、将来的にカウンターを補充するカードが登場すればより使い勝手が向上するでしょう。

エルフ世界の力の源泉である石。
次は趣向を変えて全体強化と単体強化のカードを見ていきましょう。
まずは《フィールの号令》です。まず目に飛び込んでくるのが非常に重い7というコストでしょう。これは詠唱に限って言えばグリムクラスタ以降最重量で、ヴァルハラ時代を含めても2番目に高コストです(筆者調べ)。
肝心の効果は自分のリゾネイターをすべてリカバーしたうえで+1000/+1000と<貫通>を与えるというド派手なもので、プレイするタイミング次第ではそのままゲームを終わらせるほどのパワーを秘めています。自分のリゾネイターをすべてリカバーするというのが肝で、ウィルを生み出した後の《聖域のエルフ》やフィールの能力のコストに充てたエルフも攻撃に回せるため、見た目より軽く思った以上に効果が強力という感覚になるのではないでしょうか。
対して《エルフの聖石》は堅実です。対象にできるのはエルフのみですがこれのレストのみで効果が発揮できるので、相手の行動に備えていたこれをリカバリー前に使うなど隙なく無駄なく使用できるでしょう。

優しい心を持つ、弓の名手。
本日最後の紹介は《エルフの弓姫 ティア・レトリエラ》と《ティアの白鷹》です。
ティアは4コストのエルフということで《風の王 フィール・レトリエラ》から呼び出せるというのもポイントですね。そうして場に出たティアは、まず2つの効果を発揮します。
1つは《ティアの白鷹》を手札に加えるものです。この白鷹ですが条件を満たした状態では200/200で<飛翔>と<迅速>を持ち、さらに攻撃の際プレイヤーかリゾネイターにダメージを与えるという中々に盛り盛りな1枚です。
もう1つの効果はリゾネイター1体を対象に取り、それがダメージを受けた場合破壊されるという能力を与えるものです。例えるなら対象になったものは《模造されたドラゴン》になるという感じでしょうか。
この効果を受けてしまえばいくらDEFが高かろうが掠った程度のダメージで破壊されてしまいます。もちろん《ティアの白鷹》のダメージも例外ではありませんので、ティアを場に出すときは白鷹をすぐに展開できるだけのウィルを確保した状態の方が良いでしょう。
相手に直接1000点のダメージを与える効果は6コストと自身のレストを要求するため連打は少々難しいかもしれませんが、ライフが残りわずかであればこれ以上ないプレッシャーになり得るでしょう。また4回プレイできればほぼ勝てるという点に着目し、ダメージ源をこれに絞ったコントロールデッキを組んでみても面白いかもしれませんね。

本日の紹介は以上になります。
次回の革命前夜カードプレビューは8/22を予定しています。
お楽しみに!

※未発売のカードについてのご質問は受け付けておりません。ご了承ください。

革命前夜