竜の血脈(“零夜クラスタ”スターターデッキカードプレビュー2)

皆さんこんにちは。本日も零夜クラスタスターターデッキに収録されるカードのプレビューを行っていきます。
プレビューは全5回で、公開は水曜日になります。

第2回目は炎属性のデッキ『竜の血脈』の紹介です。

彼の炎は言葉より雄弁に、その感情を表す。

『竜の血脈』に収録されるキリク・リーリクは、ホエーレ山に住む竜人の戦士です。
自身の吐く炎や剣・斧などの武器を用いて戦い、その実力は年に一度開催される武闘大会で優勝に輝くほどです。
キリク・リーリク / 竜戦士 キリク・リーリク》は体力カウンターを利用した戦いを展開します。
カウンターが10個やら15個やらと言う文字だけを見ればもの凄い量があるように感じますが、《竜戦士 キリク・リーリク》の能力を見てわかるように1度に5個使うなど中々豪快に消費していきます。
もちろん体力カウンターを消費するのはキリクだけではないので、そのような効果を使用する場合は状況を慎重に見極めつつも大胆に叩き込むというのが重要になってくるでしょう。

キリクと共に戦う《キリクの相棒》はJルーラーに飛翔を付与します。
また場に出たときに墓地にある闘技の詠唱を手札に戻すという効果も備えています。この闘技については後ほど紹介しますが、中々派手な効果を持つ詠唱ですので使いまわせるとなるとちょっと得した気分になれるかもしれません。

己の細胞を昇華する、内なる覚醒。

さて、こちらが『竜の血脈』に収録される3枚の闘技です。
詠唱というカードタイプに闘技という特徴が付属しています。以前からFoWをプレイされている方には《古の知識》などの(古代魔法)と同じと言えば伝わりやすいでしょうか。
これらの闘技にはプレイする際に追加コストとして体力カウンターを消費するという共通点があります。その個数は5個や自身で数を選べるX個だったりするのですが、基本的に多くの体力カウンターを消費することになります。

そうして得られる効果ですが、《ヘルフレイム》と《ドラゴンブレス》は両者ともJ/リゾネイターにダメージを与えるもので、取り除いたカウンターの数に応じてそのダメージ量が変化します。同じ個数のカウンターを消費するならば《ドラゴンブレス》の方が一見お得ですが、敵味方問わず飛翔を持つカード以外にダメージを与えてしまうので使用する際は気を付けたいですね。《ヘルフレイム》は対象をきっちり選択しますのでその点は心配ありません。

バーニングウェイク》は自身を強化する詠唱です。
似たようなカードに《ルルイエの悪夢》や《内丹術》がありますが、これらとは違いコストが2でありDEFも上昇させるという違いがあります。代わりに体力カウンターを5つ要求しますが、そのことを考えてもこのステータスアップは魅力があります。

ホエーレ山の広範囲にて繁殖する豚。名物の一つになっている。

ホエーレ山には竜人以外にも多くの種族が暮らしています。
フレーバーテキストやイラストを見るにこいつもう完全に食料じゃねぇか感が漂う《ホエーレ豚》ですが、ルーラーをリカバーするという能力を持っており実は中々侮れない1枚です。コールとレスト能力の両立が可能というのは、キリクをはじめ多くのルーラー待望のものと言えるでしょう。《ホエーレの突進猪》は3つのキーワードスキルを持つ猪突猛進なリゾネイターです。攻撃あるのみといったカードなので守りは一切捨て去って突撃あるのみです。ちなみにこれも美味らしいです。この山の食の宝庫感たるや中々のものですね(笑)

ホエーレサウルス》という恐竜も生息しており、これは場に出たときにJ/リゾネイターにダメージ300点を与えるというシンプルな効果を持ちます。前述の《ホエーレ豚》や《ホエーレの突進猪》もこんがりと焼けますし、《聖域のエルフ》のような小型リゾネイターも早い段階での処理ができるので重宝するでしょう。
獣、恐竜ときて最後はドラゴンです。高ステータスに飛翔まで持ちわずか4コストの《ホエーレ山のドラゴン》ですが、これに動いてもらうには体力カウンターを消費しなければなりません。
カウンターも無限に湧いて出るものではありませんので、特に攻撃の際はブロッカーを取り払ったりするなどの下準備をしておくと良い結果が得られるでしょう。

料理は戦い。

こちらの竜人たちは戦士というより後方支援タイプの者たちです。
見習い料理人》は場に出たときに体力カウンターを2つ補給してくれます。J/ルーラー自身の効果以外でカウンターを増やせるものは中々貴重なので、こちらもキリクの相棒として使ってあげましょう。
自身をレストすると《戦闘料理人 エリーア・ルーア》はルーラーをリカバーします。後方支援タイプとは言いましたがステータスもそれなりに高いので、いざという時には攻撃もしに行けますね。ところで料理人が《ホエーレ豚》と同じルーラーをリカバーするということは・・・そういうことなんでしょうかね(笑)

竜の心を秘める、活力の石。

『竜の血脈』に収録される特殊魔石《竜の鉱石》は体力カウンターを補充してくれます。
先ほどの《見習い料理人》でも言いましたが、J/ルーラーのキリク自身の効果以外でこれを補充できるカードは貴重ですので、魔石デッキに必ず4枚入れておきましょう。

本日の紹介は以上になります。
次回の零夜クラスタのスターターデッキカードプレビューは8/2を予定しています。
お楽しみに!

※未発売のカードについてのご質問は受け付けておりません。ご了承ください。

零夜クラスタ|スターターデッキ