真獣王 (“聖魔大戦”カードプレビュー2)

 

みなさんこんばんは。 本日もラピスクラスタ第3弾“聖魔大戦”カードプレビューを行っていきます。 
プレビューは全8回を予定しており、公開は火曜日と金曜日です。 
第2回目はプリシアとそれに関連するカードの紹介です。



「この世界の鼓動は、まだ止まっていない。戦おう、私と一緒に!」
復活を遂げたプリシアは観測者となり、さらには生命の転生という新たな力を手に入れこの世界の脅威との戦いへと身を投じます。
ルーラーである《真獣王 プリシア》は2つの共鳴能力を持ちます。この“共鳴”は本日発売の『Ruler All Stars』が初出で、“あなたの場に示された魔石タイプを持つカードが出たとき⇒能力を適用する。”を意味します。 つまり炎の魔石が場に出れば対象のリゾネイターが迅速を得て、風の魔石が出れば飛翔を得るという事ですね。
もちろん《烈波の魔石》のような炎の魔石とも風の魔石とも扱うカードが出た場合、両方の共鳴が誘発してそれぞれの効果を発揮してくれます。 どちらも攻撃的な能力ですので、ライフを削る手助けとなってくれるはずです。

ジャッジメント後の《転生炎姫 プリシア》はその名の通り、カードを転生させます。
この能力が発揮されるタイミングはこれが場に出たときか攻撃したときで、リゾネイターを対象にした場合はそれをデッキの一番下に置きます。そうしたのちデッキの一番上を公開しそれがリゾネイターなら場に出すことができます。それ以外でも手札に加えられるのでアドバンテージの損はありません。魔石に関してもほぼ同様で、異なるのは確実に場に出すというところだけですね。
基本的には序盤に展開した《聖域のエルフ》のような小型リゾネイターを大型に転生させるというのが主な使用方法かと思いますが、自身をリカバーし自分のJ/リゾネイターすべてに迅速と飛翔を与えるという強力な神技“セカンドウィンド”を使用する際には魔石の転生にお世話になる事もあるでしょう。



命は、もう一つの命の礎となる。
「場を離れたとき」に誘発する能力を持つのはなにも魔石だけではありません。
リゾネイターである《転生の炎鳥》もそんなカードの一つで、デッキの上からカードをめくって最初に出たリゾネイターを手札に加えるという能力を持っています。
本体のステータスも800/700の飛翔持ちと良いサイズなので放置はしておけませんが、触ると後続を確保してくるので中々処理が難しいかもしれません。特にバウンスはご法度です。

《バーニングポット》のような攻撃にすべてを賭けるようなカードは個人的に大好きです。
ただの700/100という頭でっかちなステータスだとエルフトークンなどにブロックされておしまいですが、先制攻撃のおかげでこの問題も解決されています。
ただし殴り返されるのに弱かったり、ちょっとのダメージで破壊されてしまうのはご愛敬ですね。

燃え盛るは炎の意思。
プリシアとアトラクシアの欠片の記憶からマリーベルの心として《機心継承 マリアベル》が呼び出されます。
今回は炎/風属性となりおそらく呼び出した張本人であろうプリシアと同じ炎と風の共鳴を持つのが特徴で、これによって炎弾カウンター・風弾カウンターを獲得しそれを消費して能力を使用します。
炎弾はダメージ風弾は詠唱妨害とそれぞれの属性が得意な効果を使用できますが、弾の補給に若干時間がかかるのでしっかりと状況を見極めて使用する事が大切ですね。

共鳴の説明をするときに“示された魔石タイプを持つカード”というように言った理由がこれです。
何の変哲もない600/600のリゾネイターである《ミレストの炎兵》ですが、これは炎の魔石として扱う能力を持っています。つまりこの《ミレストの炎兵》は“炎の魔石という魔石タイプを持つカード”に該当するので、プリシアやマリアベルの共鳴が働くという事です。
ただ炎の魔石と言ってもウィルを生み出せるわけではありません。総合ルールの話になってしまうのですが、201.4d1という項目に“あるカードが魔石タイプを得たとしても、そのカードが自動的にウィルを発生する能力を得るわけではありません。”という記述があるためです。
ウィルは生み出せませんが共鳴デッキのお供として採用してみるのはいかがでしょうか。

本日の紹介は以上となります。
次回の“聖魔大戦”カードプレビューは2/14を予定しています。
お楽しみに!

※未発売のカードについてのご質問は受け付けておりません。ご了承ください。


聖魔大戦