観戦記事|“GP名古屋 2017” 決勝

時刻は午後7時。
予選ラウンド1回戦の開始から約8時間が経過し、当たり前だが辺りの様子も様変わりした。
日は沈み雨も止んだ。そして残されたプレイヤーもあと2名。谷と山口だ。

谷は準決勝の観戦記事でも紹介したがアルハマートをルーラーに据えたコントロールデッキを使用しこの舞台へとやってきた。一方の山口が使用するデッキは『AGP東京 2017』で優勝を勝ち取った“フックルミア”をブラッシュアップしたもので、デッキの根幹はそのままにうまく環境に適応させている。
前日まで違うデッキでの出場を考えていたらしいが、ふとインスピレーションが湧きこのデッキを使用したという山口。過去に《導きの聖王女 / 希望の創生者 ルミア》で好成績を残してきた“ルミアマスター”が決戦へと臨む。

勝者総取りの決勝戦。時間無制限の中どのようなゲームを見せてくれるのか。

95375933-9f56-4271-95d9-9692b0081d6b.jpg


Game 1

先攻 山口/ルーラー:《再生する命運 ルミア / 紅蓮の聖女 ルミア

山口はまず《命断の鎌 デスサイズ》を展開し、続けて《聖域のエルフ》をプレイ。中々良い立ち上がりかと思いきや、エンド時に谷が《古代の心炎》をマナカウンターからプレイし《聖域のエルフ》は灰と化す。さらに畳みかけるように《ヴィオラの躍動》と《ラピスの魔風》を放ち、開始早々に山口の手札は尽きてしまう。

魔石を増やすだけのターンが続く中、主導権を強固なものとしたい谷は《古の知識》をキャスト。山口はこれを《聖風の防壁》でカウンターするものの思うように攻め手を確保することができず、結局は主導権が谷にズルズルと引っ張られていく。

その後《ラピスの魔風》や《世界火の召喚》によって相手の行動を縛る谷はフィニッシャーとして《炎獄竜 ブレイザー》を送り出す。山口はこれを《時空のねじれ》で処理し《救世の聖女 ルミア》で後続を確保した。ここからプレイした《フック船長》で反撃開始なるかと思いきや、《救世の聖女 ルミア》は《シャルロッテの水形術》+《時空のねじれ》で処理されたうえ、《魂狩り》で《フック船長》と手札を刈り取られる最悪の展開に。トップデックした《存在の探求者 アザトース》もねじれと水形術のコンボの前に為す術なく沈み、再び現れた《炎獄竜 ブレイザー》の手痛い一撃を受けてしまう。
2枚目の《フック船長》をプレイしこの状況を解決できるカードを待つ山口だったが、これを展開したことにより特大火力の《水蒸気爆発》を受けてしまい敢え無く敗戦。勝者の谷は王手をかけた。

山口 0-1 谷

Game 2

先攻 山口/ルーラー:《再生する命運 ルミア / 紅蓮の聖女 ルミア》
後攻 谷/ルーラー:《ギル・アルハマート / 黒竜皇帝 ギル・アルハマート / 万象の掌握者 ギル・アルハマート》

王手をかけた谷と背水の陣の山口。
互いにデッキをシャッフルしあい、マリガンを終えた後にGame2が始まった。

またしても先攻は山口だがレガリアを置けない状態でのコールを余儀なくされ、しかも捲れた魔石が《覇者のメモリア》という最悪の展開に。当然何もできずにターンを渡すことになるが、谷の攻めは容赦なしだ。
あいさつ代わりとばかりに《ヴィオラの躍動》を2連発すると続いて出てきたのは《ラピスの魔風》。これらによって捨てられたカードは《聖域のエルフ》2枚に《聖風の防壁》、そして《かぐやの月光蝶》と1ターン目の魔石から風ウィルを生み出せていればと思わざるを得ない内容である。
残る1枚の手札も《魂狩り》で抜き去られ、《狂気の詩人 アブドゥル=アルハザード》の召喚を許してしまう。

一応リゾネイターをドローできている山口ではあったが小粒のものが多く、出した端から破壊されまったくアブドゥルが止まらない。最後の手段とばかりに《天上楽器 チャームアルモニカ》からの《紅蓮の光》でこれを処理するが次に現れたのは《炎獄竜 ブレイザー》。除外カードが無く居座られないのは不幸中の幸いと言ったところか。
目に見える脅威が過ぎ去った山口は《救世の聖女 ルミア》と《フック船長》で盛り返しを図るが、《フック船長》が《時空のねじれ》で、続くターンには《世界火の召喚》で《救世の聖女 ルミア》がそれぞれ破壊され主導権を握ることができない。

一目で芳しくない状況だとわかる現在の山口だが、その目に諦めの色は伺えない。
墓地にある《影の舞》を相手のエンドフェイズに使い《フック船長》を蘇らせ魔石を送り返すと、続くターンでジャッジメントを実行し満を持して《紅蓮の聖女 ルミア》を戦場に。
両者の攻撃と《フック船長》の一時除外からの魔石バウンスで形勢は一気に逆転した。谷の魔石は次のコールを考慮しても2つ、そして残る1枚の手札には《風光明媚》と隙のない布陣である。

しかし谷はその上を行く。《魂狩り》で《風光明媚》を誘い出し、その隙を見て《水蒸気爆発》をX=8で叩き込んだのだ。手札の尽きた山口にこれを対処する術はなく、ここに雌雄は決した。
仮の話になるが山口が《魂狩り》を無効にしなければ《水蒸気爆発》は対象が存在せず、返しのターンに谷は敗北していたかもしれない。隙の無い手札だったがゆえの敗北と言えるだろう。

山口 0-2 谷


宮崎の雄、谷省悟!その実力を世界に示せ!

364cb5ee-046f-4ef2-addb-5da63e0460a9.jpg