観戦記事|“GP名古屋 2017” 準決勝

GP名古屋 2017の決勝トーナメントに進出した8名のプレイヤー。そのうちの5名が選択していたルーラーが《真獣王 プリシア / 転生炎姫 プリシア》だった。勢いそのままに上位を独占するかと思われたこのルーラーだが、我々の予想を裏切り準々決勝で4名が脱落してしまう。
しかしよく考えてみればこの結果も当たり前なのかもしれない。なぜならプリシア以外のルーラーを選択した3名は最大勢力であるこれを打ち破り決勝ラウンドまで駒を進めてきたのだ。

この準決勝で会いまみえる舟田と谷もプリシアを打ち破った側のプレイヤーである。
舟田が使用するのはシャルロッテをルーラーに据えたコントロールデッキ。過去のGPでも入賞の実績があるこのデッキをさらに磨き上げ万全と言える状態で持ち込んだ。
谷が選択したのもコントロールデッキだが、こちらはルーラーにアルハマートを据えている。強力な各種古代魔法をより効果的に扱える点が魅力的なデッキである。

互いにデッキのシャッフルとカットを終え、準決勝が開始となった。

予選順位が3位の舟田は後攻を選択。
FoWのセオリーから考えれば先攻を選択するのが普通だが、コントロールのミラーマッチということもありあえて後攻を選択したのだろう。
こうして谷の先攻からゲームが始まり、まず飛び出したのは《影の結界》。返しのターン舟田は《無名の霧》をプレイ。谷の手札から《ラピスの魔風》を抜き去る上々のスタートを切り、続くターンには《ラピスの魔風》を放ちまずは手札を攻めていく。

しかし谷は《古の知識》によって即座に手札を回復し、さらには《世界火の召喚》をプレイ。魔石破棄と相手へのダメージを選択し舟田の取れる行動を制限したのちに、コントロールデッキでは対処が難しい《円卓の王 アーサー・ペンドラゴン》を送り出す。
ゲームの流れが傾きかける中ジャッジメントを実行した舟田は、新たなカードを4枚呼び込み解決の糸口を探すもののこのターンの回答はシャルロッテの能力によるバウンスのみ。

アーサーを手札に戻された谷は再び安全に場に送り出すべく《古の知識》からもたらされた《ラピスの魔風》や《ヴィオラの躍動》によって手札を刈り取り、再度アーサーの召喚に成功するがこれは《魂狩り》によって処理されてしまう。ただ谷もやられるだけでなく《ソルの令呪》から探し出した《黒い月光》でシャルロッテを対処。

互いに手が尽きたところで先に動いたのは谷。アルハマートをジャッジメントさせ戦闘でライフを削り取る作戦に出るものの、続くターンのドローは《ソルの令呪》。今ゲーム3枚目の《古の知識》を引っ張り出し即座にプレイ。ついに待ちに待ったフィニッシュカード《シュレディンガーの観測》を手に入れる。
アルハマートの攻撃と《シュレディンガーの観測》により舟田のライフは尽き、Game 1の勝者は谷となった。

谷 1-0 舟田

Game 2

先攻 谷/ルーラー:《ギル・アルハマート / 黒竜皇帝 ギル・アルハマート/万象の掌握者 ギル・アルハマート》
後攻 舟田/ルーラー:《決意の少女 シャルロッテ/聖魂の魔導師 シャルロッテ》

このゲームを落とすと敗北となる舟田は再び後攻を選択。
互いの立ち上がりは《影の結界》と《無名の霧》というGame 1と同じものであったが、2ターン目のリカバー前に谷は《ソルの令呪》をプレイし《古の知識》を手に入れる。デッキを少しでも圧縮しドローの質を高める作戦のようだ。
さらにアドバンテージの差を広げるために《ラピスの魔風》をプレイする谷であったが、ここは舟田の《千年の絆》によってシャットアウト。返しのターン《無名の霧》を打ち込まれ、本意ではないタイミングで《古の知識》を使わされてしまう。しかしこれによって手に入れた《ラピスの魔風》でアディションの天敵である《天の風》を落とせたのは僥倖と言えるだろう。

これを好機と見たのか谷は2枚目の《影の結界》と《光の翼 アーラ》を場へと送り出すも、《光の翼 アーラ》は《時空のねじれ》によって破壊され《影の結界》も連唱を得た《天の風》によって吹き飛ばされ形勢は逆転。舟田の《無名の霧》にチェイスした《古の知識》は無情にも《千年の絆》で無効にされ、ついに手札が0枚に。

ここまで来れば舟田の独壇場だ。途中《天翼のセラフ》をドローされてしまうが《時空のねじれ》でこれを処理。シャルロッテのジャッジメントまで難なくこぎつけ、ゲームの流れを完全に自分のものとしてしまう。最後の抵抗とばかりに《世界火の召喚》を放つ谷であったが、みたび《千年の絆》に妨害され投了を宣言した。
握った流れを最後まで離すことなく、舟田がゲームカウントをタイに戻した。

谷 1-1 舟田

Game 3

先攻 舟田/ルーラー:《決意の少女 シャルロッテ/聖魂の魔導師 シャルロッテ》
後攻 谷/ルーラー:《ギル・アルハマート / 黒竜皇帝 ギル・アルハマート/万象の掌握者 ギル・アルハマート》

決勝進出がかかる重要なゲームで谷は後攻を選択し、舟田の先攻でゲームがスタートした。
舟田はファーストアクションとして《無名の霧》をプレイするも以後数ターンは魔石をコールするのみ。一方の谷もひたすら魔石をコールするだけのターンが続き、コントロールデッキ特有の仕掛ける機会を伺う待ち状態で静かにゲームが進行する。
この均衡を破ったのは谷で、まず手始めに《狂気の詩人 アブドゥル=アルハザード》を送り出す。これは処理されてしまうものの、続くターンには《天翼のセラフ》をプレイ。デッキから《光の翼 アーラ》を呼び出しセラフを対処困難にしつつアーラへの対処を迫るという、相手からすれば非常にやりにくい場を作り上げた。

実際舟田はこれらを早急には対処できず、シャルロッテの能力で若干攻撃を遅らせることが精いっぱいだ。そうこうしているうちに《円卓王 アーサー・ペンドラゴン》までもが場に現れ徐々にゲームの流れは谷の方へ。
攻勢を凌ぎつつ何とかシャルロッテのジャッジメントに辿り着く舟田だが、ジャッジメント時の隙を突かれ《ソルの令呪》から探し出された《黒い月光》を許してしまう。シャルロッテによってもたらされた手札も《ラピスの魔風》で根こそぎ奪い取られ窮地に立たされる舟田。トップから《魂狩り》を引き当てるも時すでに遅し。
《天翼のセラフ》と《円卓王 アーサー・ペンドラゴン》は最後まで立ちはだかり、彼に引導を渡した。

谷 2-1 舟田