観戦記事|“GP東京 2018” 決勝

今年最初の開催となったこのGPを一言で表現するのならば、「混沌」という言葉がふさわしいだろう。
昨年末に行われた禁止改定によって特定のデッキの支配が終わり、新たに芽吹いたデッキが覇権を争う混沌とした環境を勝ち上がってきたのは舟田と山岸の2人だ。

フィール・レトリエラ / 風の王 フィール・レトリエラ》をルーラーに据えたデッキを持ち込んだ両者だが、舟田は風属性をメインに光と水を足した比較的ディフェンシブなものを、山岸は攻撃的なカラーリングである風・炎属性のものをそれぞれ選択していた。
入念なデッキシャッフルの後に握手を交わした両者は、最後の勝負へと挑んでゆく。

d28e5872-2316-4f82-80fa-00e149691125.jpg


Game 1

先攻 舟田/ルーラー:《フィール・レトリエラ / 風の王 フィール・レトリエラ》
後攻 山岸/ルーラー:《フィール・レトリエラ / 風の王 フィール・レトリエラ》

聖域のエルフ》《ティアの白鷹》と1コストのカードを展開していく舟田に対し、山岸は《沙悟浄》をキャスト。相手に詠唱のコストを多く支払わせることでスピードを落とさせる作戦のようだ。
これを処理すべく舟田はジャッジメントを選択。デッキから《エルフの弓姫 ティア・レトリエラ》を呼び出し、先ほど場に展開しておいた《ティアの白鷹》との合わせ技でこれを撃破するも、2体目の《沙悟浄》をプレイされてしまう。これを《シーラの帰還》で手札へと送り返しライフを1ターンで削り切れるラインにまで落とし込むが、ここから山岸の反撃が始まる。
まず手始めにフィールをジャッジメントし《エルフの弓姫 ティア・レトリエラ》を呼び出すと、ティア連れてきた《ティアの白鷹》をキャスト。これは《異世界の夢》でカウンターされ代わりの《筋斗雲》も《絶風》でシャットアウトされるも相手の手札は1枚に。
続くターンに再び《筋斗雲》をプレイするとフィール、ティア、白鷹の総攻撃で《かぐやの涙石》のライフ支払いによって3700になった舟田のライフを綺麗に奪い去った。

舟田 0-1 山岸

Game 2

先攻 舟田/ルーラー:《フィール・レトリエラ / 風の王 フィール・レトリエラ》
後攻 山岸/ルーラー:《フィール・レトリエラ / 風の王 フィール・レトリエラ》

再び《聖域のエルフ》スタートの舟田だったが山岸はこれを《魔炎》で処理。返しのターンに《転生のメモリア》のライフを支払いリカバーインさせ《精霊呼びのエルフ》をプレイするが、舟田はトークンを生み出す能力に《精霊の真刃》を合わせてエルフが並ぶ状況を作らせない。
それならばと《沙悟浄》を送り出す山岸だがこれは《異世界の夢》で阻まれ、代わりにプレイした2枚目の《沙悟浄》も《絶風》で潰される苦しい展開に。一方の舟田は《ティアの白鷹》でエルフトークンを処理しつつ、《魔械王 マキナ》《聖域のエルフ》と着実に盤面を整える。
この状況を打破するために山岸は《風の王 フィール・レトリエラ》へとジャッジメントをするも、今度は《ジ・アースの曙光》を合わせられてしまい戦線の補強は叶わず。《疾走する炎馬》で迅速を得たフィールの攻撃も阻まれてしまう。

盤石の状況と踏んだ舟田はジャッジメントを行い、デッキから《エルフの弓姫 ティア・レトリエラ》を呼び出しプレッシャーをかけ山岸の選択肢を奪い去っていく。結局《聖風の使い魔 タマ》によって白鷹を除去し《精霊呼びのエルフ》で守りを固めるという選択をしたが、返しのターン舟田が《憑依変化》をプレイしたのを確認し山岸は投了を宣言した。

舟田 1-1 山岸

Game 3

後攻 舟田/ルーラー:《フィール・レトリエラ / 風の王 フィール・レトリエラ》
先攻 山岸/ルーラー:《フィール・レトリエラ / 風の王 フィール・レトリエラ》

先攻の山岸は手始めに《ティアの白鷹》を続くターンに《覇者の王剣 シルヴィア》とテンポよくカードをプレイしていくが、シルヴィアの着地は《異世界の夢》によって阻まれる。代わりに《風の童話 赤ずきん》を送り出し攻撃の手を緩めない。対する舟田は《天風の魔導師 メルフィ》を展開し早々にフィールをジャッジメント。ティアを場に送り出すことに成功し、ライフと引き換えに盤面での主導権は死守する構えを見せる。

しかし《機心継承 マリアベル》のプレイが通ってしまい状況は一変。《風の魔石》を出す事で《風の童話 赤ずきん》を強化しつつ風弾カウンターを確保した山岸は、赤ずきんの攻撃によって舟田のライフを残り1300とする。
返しのターン、ここが勝負所とばかりにリカバー前にティアに対して《憑依変化》を<飛翔>指定でプレイする舟田。さらにコールした《かぐやの涙石》のライフを躊躇なく支払い残りは1000点。<飛翔>を得たティアでプレイヤーを狙うがこれは白鷹のブロックに阻まれる。続いてティアを対象とした《ジ・アースの曙光》を巡る《フィールの魔術》や《絶風》のチェイス合戦が繰り広げられ軍配は舟田に。
次のターンを見据えた状態でターンを山岸に渡すが、フィールのジャッジメント後にプレイされた《筋斗雲》を見た舟田は数秒の沈黙の後、おめでとうの言葉と共に右腕を差し出した。

突然のことに唖然とした様子だったが、即座に状況を把握し喜びを爆発させる山岸。
その目から零れ落ちるものは、ここまでの道のりが決して平坦ではなかったということの証明だろう。
WGP2018での活躍を祈りつつ、この記事の〆とさせていただきたい。

8c1b13d3-33bb-4d69-83cf-b22559be31df.jpg

舟田 1-2 山岸