観戦記事|“日本選手権 2017” 決勝

競技性の高いカードゲームにおいて、避けて通れないのがミラーマッチだ。
カードの引きやプレイングなどのすべての要素を普段より緻密に計算する必要があり、1つのミスが致命傷になり得るというシビアな戦いが繰り広げられる。

日本選手権2017の決勝はこのミラーマッチが久々に実現した。
この戦いに挑むのは、2016-2017シーズン絶好調の“東海一の弓取”塚本浩之と“名古屋の総大将”渡邉英司である。
両者のデッキは一般的に『フックルミア』と呼ばれるもので、強力な能力を持つ《フック船長》を《再生する命運 ルミア / 紅蓮の聖女 ルミア》や各種詠唱でバックアップするというのが基本コンセプトだ。

互いのデッキをカットし終え、握手を交わしたのち日本選手権2017のラストマッチが始まった。

d5d6db45-96e8-4cd9-85e4-e6a86cae5af8.jpg


Game 1

先攻 渡邉/ルーラー:《再生する命運 ルミア / 紅蓮の聖女 ルミア》
後攻 塚本/ルーラー:《再生する命運 ルミア / 紅蓮の聖女 ルミア》

1ターン目は両者とも様子見と言った具合でまずは《聖域のエルフ》をプレイする立ち上がり。塚本の繰り出したエルフは《覇王討姫 プリシア》で処理されるものの、瞬動で《天風の魔導師 メルフィ》を、続くターンに《魔械王 マキナ》をそれぞれ繰り出し粛々と盤面を作り上げていく。
しかし、それを黙って見ている渡邉ではない。《覇王討姫 プリシア》で攻撃しこれをレスト状態にすると、《再生する命運 ルミア》の効果で一時的に場から除外。再び場に現れた《覇王討姫 プリシア》の効果とステータスアップを絡めて《天風の魔導師 メルフィ》を破壊する。その後は互いの隙を伺いつつ《時空のねじれ》や《絶風》が飛び交うものの、大きなアクションは無くにらみ合いが続く。
先にゲームを動かしたのは塚本だ。このゲーム最初の《フック船長》を呼び出し魔石を狙う姿勢を見せるものの、これは《風光明媚》によってシャットアウト。渡邉はこれを好機とみて再び《時空のねじれ》を《魔械王 マキナ》に対してプレイするも、《ジ・アースの曙光》でこれをかわされまだまだ勝負はわからない。

1bbee6bc-07d1-439d-81dd-f70bb7e6080a.jpg

再び塚本が《フック船長》をプレイするとこれが通り、渡邉の《森羅の魔石》2枚を魔石デッキへと送還する。《魂還》でこれを対処したい渡邉だったが《聖風の防壁》2枚の前にこれは叶わず。さらにこのターンの戦闘によって盤面を制圧されライフも詰められてしまった。
この時を待っていましたとばかりに塚本は《紅蓮の聖女 ルミア》へとジャッジメント。これの攻撃と同時に《フック船長》を除外し再び場に戻すことでさらに魔石を締め上げていく。もちろん渡邉もただ傍観していたというわけではないが、反撃は《風光明媚》にピシャリと抑えられてしまいこれにはお手上げ。
最後に一応ドローをチェックし投了を宣言した。

塚本 1-0 渡邉

なおインターバル中に渡邉が「日本選手権最後のキーワードはおっさん力」と高らかに宣言したがその真意は不明である。しかしただならぬ気迫を醸し出していたのは事実であり、この一戦に賭ける思いは本物のようだ。

Game 2

先攻 渡邉/ルーラー:《再生する命運 ルミア / 紅蓮の聖女 ルミア》
後攻 塚本/ルーラー:《再生する命運 ルミア / 紅蓮の聖女 ルミア》

最序盤は1本目のリプレイのように静かなゲームが展開される。
先に動いた渡邉は《魔械王 マキナ》をプレイするもこれは《風光明媚》によって許可されず。一方塚本が送り出した《魔械王 マキナ》も《魂還》で狙われるが、《聖風の防壁》を合わせこれを場に死守することに成功する。
続くターンはお互いに《天風の魔導師 メルフィ》を場に出し、いよいよ本格的な攻防の準備が整った。

今回も先に動いたのは塚本で、アドバンテージ確保のために《救世の聖女 ルミア》のプレイを宣言する。それを通されたくない渡邉は《風光明媚》で妨害を図るも、千年の絆》のプレイを宣言されてしまう。一瞬の思考ののち追加の《風光明媚》をプレイし、このチェイス合戦は渡邉に軍配が上がる。
しかし塚本にとってこの攻防はいわば撒き餌だった。おもむろに闇のウィル2つを生み出すと、手札から現れたのは《狂気の詩人 アブドゥル=アルハザード》。場に出たときの誘発能力が多いこのデッキにとって、最も通してはいけない1体が場に出てしまったのだ。

こうなると流れは一気に塚本へと傾いていく。続くターンに《フック船長》をプレイしカウンターの有無を伺うが何もなく、《森羅の魔石》2枚が魔石デッキへと帰っていく。
一挙に劣勢となった渡邉は、《聖域のエルフ》で守りを固めつつ《時空のねじれ》で抵抗を試みる。しかしこの程度の守りで塚本の猛攻を捌ききることはできない。前のターンに続いての《フック船長》が登場し、さらにエンドフェイズには攻撃を終えた《フック船長》が《再生する命運 ルミア》によって再登場し、このターン4枚の魔石が場から吹き飛んで行った。
もはや俎上の魚である渡邉は潔く敗北を認め、塚本と握手を交わし日本選手権2017のラストマッチは幕を閉じた。

“東海一の弓取”という二つ名が“世界一の弓取”へと変わる日も近いかもしれない。

a98d6462-a50d-44b8-a839-73a5c30f513b.jpg

塚本 2-0 渡邉