“WGP 2017”メタゲームブレイクダウン

9月23・24日に“WGP 2017”が開催されました。
この記事では簡単なメタゲームブレイクダウンを掲載しています。


◆最大勢力は九尾&プリシア
全参加者100人中、九尾は40名プリシアは39名と大半のプレイヤーがいずれかのデッキを選択しました。
前者はデッキ内に《豆撒き》+《魔界の亡者》のパッケージを内包しているものが大多数で、後者は海外で言うプリシアアグロという形をとるものが多かったという印象です。
その後ろにだいぶ離れて《再生する命運 ルミア / 紅蓮の聖女 ルミア》、《魔界樹 ユグドラシル》と続きます。『革命前夜』のルーラーでは《フィール・レトリエラ / 風の王 フィール・レトリエラ》が顔を出すという結果になりました。九尾&プリシアのデッキリストはこちら

WGP 2017ピックアップデッキ

ここからは使用者が少なかったもののユニークなデッキを紹介します。
まずはこちら。

2cb05655-69d5-4f23-b7fb-4689d6175827.jpg
《決意の少女 シャルロッテ / 聖魂の魔導師 シャルロッテ》をルーラーとしたガチガチのコントロールデッキです。
除去・妨害・アドバンテージの確保と役割がはっきりしたカードを多く採用しているのも特徴ですね。
4枚投入されている《魔源の湿地帯》は高コスト帯へのアクセスを容易にし、またコストにXを含む詠唱などの威力を底上げするためにも使用できるためこのデッキにおいてはかなり重要な1枚なのかもしれません。

cca91eb8-3764-48d6-842e-d535523a9e41.jpg

こちらは《月の涙 かぐや / 刹那の千年姫 かぐや》をルーラーにしたデッキです。
ウィル・オー・ザ・ウィスプ》や《弓矢の罠》などを見るに、今回のトップメタ2つのデッキを強く意識した構成と言っていいでしょう。サイドボードの構築基準もそれと全く同じということから、いかに上位2つのデッキが意識されていたかわかりますね。

09a1935d-52d6-408d-8bf7-e475ec191881.jpg

最後は《フィール・レトリエラ / 風の王 フィール・レトリエラ》のデッキです。
コンセプトは素早く高コストのリゾネイターを展開し、そのまま制圧まで持っていくといったところでしょうか。
もしそのプランが遂行できなかったとしても、《フィールの号令》からのワンショットというサブの勝ち筋も用意されているわりと手堅いデッキという印象です。

以上で“WGP 2017”メタゲームブレイクダウンを終わりたいと思います。
参加された選手の皆さまお疲れ様でした。
また翌年の“WGP 2018”でお会いしましょう!それでは!