ギルの物語|第20話 “ギルの帰還”

ギルは精神世界から帰還した。

アルハマートは最後に何といったのだろう。聞き取れはしなかったが、彼の家族に対しての思いは最後に少し感じ取れた。俺も仲間が居なければああなっていたのかもしれない、とギルは思った。零夜の言う通り、運命は揺らいでいたのだろう、ただ、それを変えてくれたのは零夜だった。

ギルは洞窟を出ると、ローライトの庵へと向かった。

『じじい!』

『戻ったか、全てを知ったようじゃな』

『ああ』

『本当にすなまかったな』

『言いたいことはたくさんあるがな。まあ、今いる弟子は大事にしろよ』

『分かっておる』

『じゃあな、今度は弟子達と遊ぶために来るぜ!』

ギルは風に乗り、空へと飛び立っていった。アルハマートとの戦いに勝ったギルの力はさらに増していた。どれだけの時間が過ぎているのだろうか? あれから、時還の魔女の側近との戦いはどうなったのか、世界が滅びていないということはまだ、戦いは続いているのだろう。

d36f79a0-0b97-4343-af27-800da2026dd1.jpg

力の奔流がいくつか感じられる。その一つが大きくなったかと思えば消えていった。決着が付いたのかもしれない。ギルはまた、別の力を感じた。遠見によって見られるその姿は、見覚えのあるものだった。

アユだった。だが、その雰囲気はギルが知るアユとは別人のようだった。

『みんなやられちゃって、情けないってね。でも、見つけたよ。私の魂、やっぱり、あの子が食べちゃってたんだ。なら、返して貰わないとね、返して、返して……返して返して』

9d75b53b-a911-4bd9-b83e-49f246097d61.jpg
e312c64f-4f45-4c27-9afb-ec68ca9c092a.jpg

そして、アユは天を覆わんとするほど巨大なドラゴンへと変身していった。魂無き彼女は、魂無き竜へと変化していく。彼女が何者にもなれた理由、それは、彼女の何者でも無かったからなのだろう。

『どいつもこいつも、この世界に来る奴らはバケモンだな』

アユは大きく羽ばたくと、遥か先に見える高台へと飛んでいった。そして、ギルはササル王宮へと向かった。そこには零夜とパールシュタインだけでなく、キリクとシーラも合流していた。

『ギル。お前、何があった?見違えたぞ』

『あれ〜。別人さんみたいですよ?』

『それは、こっちのセリフだ。二人共、強くなって帰って来たな』

キリクとシーラはそれぞれ、新しい力を手にしていた。竜神の血に雷の傘、かつての正史ではギルが全て得ていた力だった。だが、これでいい。ギルはそう思った。

『それで、魔女の側近とやらは倒したのか?』

『ええ、大丈夫。私達で全部』

零夜はどこか、寂しげな表情をしていた。魔女の側近達もまた、システムに取り込まれた被害者に過ぎない。ギルに対して、シーラが真面目な表情で語りかける。

『心の底ではね、彼女達も世界を救いたかったんだって、分かったの。最後の最後、死ぬ間際でしか、解放されなかったけど。彼女達は、私達に託してくれたんだ、この世界の未来を。希望の意志、真実の魔石、そして、再生の種として』

『話は聞いたぞ。ギル、お前も乗り越えたんだろう?自分自身をな』

キリクもまたギルを気遣うように話しかける。

『よし、最後の戦いの前に、飯とするか。最高級の食材と料理を仕入れてある』

『気が効くな』

パールシュタインがぬっと顔を出した。

『おいおい、こういう時だけ威勢がいいな』

『なんだと?』

『まあまあ〜』

こんなやり取りも久しぶりだった。





その夜、零夜は星と月を見上げていた。

b896f02f-a340-4e73-b43c-1d679ba97ac5.jpg

『零夜。ちょっといいか?』

『好きにしなさい』

ギルが隣に着く。

『月が綺麗だな』

『本当はこの時代のこの世界に月なんて無いわ。世界も何もかも作り物に過ぎない』

『この世界に生きるものにとってはすべてが本物だ。たとえ魔女を倒して、すべてが元に戻ってしまうとしてもな』

『もう、完全に元には戻らないわ』

『どういうことだ?』

『魔女を倒せば、この世界がこの世界のまま、新しい歴史を刻むということよ。それが時還の力のルール』

その時、ギルは直感的に一つの結論に達した。10年前から零夜がこの世界に居たこと、そして、強大な力を持つ魔女の側近達を打倒出来たこと。むしろ、魔女に対して勝算を持っていること。

『零夜、聞いてもいいか?』

『好きになさい、さっきも言ったでしょう?』

『この世界は、時還の魔女が作ったものではない。違うか?』

“ギルの物語”第21話へ続く。

ギルの物語

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー