“運命の再会” 第2章 -グラスバレスタの考察”-

かぐやはグラスバレスタの封印を解き、フィースシングとの待ち合わせ場所へと向かっていた。

「事の次第はだいたい分かりました」

「ほえー、伊達に長く生きてないね」

「それは俺のセリフですよ、お嬢」

「そのさ、お嬢っていうの止めない? 何かくすぐったいんだけど」

「俺は千年前から“お嬢”です。それに、目覚めたら見るも無残な姿となったお嬢が居た俺の身にもなってください」

「えっ、あれ、私の服、どこか汚れてる?」

キョロキョロ自分の体を見て「うーん、綺麗だけどなー」とかぐやが言う。グラスバレスタは溜息をついた。自身を魔石に封印したのが先の魔石戦争で、千年ぶりに目覚めたのだが、目にする世界は大きく変わっていた。お嬢の話によれば、かつての宿敵である、異形の者達は今は人の身として転生しているという。「って、ゼロが言ってた」と付け加えたことから思うに……この“お嬢”は昔の記憶が無いようだった。

「グラスには聞いたいことが山程あって……まず、本来の敵はさっきも話した、ラピスっていう奴なんだけど、ここに来て敵は色々居るみたいで、さっきは変な吸血鬼が襲ってきたし、何て言ったっけ、み、みか、みけ……」

「御影」

「そう、それ! って、えっ、何で知ってるの!?」

やはり、御影か。

「千年前に少し面識が」

「その御影っていうのは何者?」

「永劫吸血鬼」

「何それ?」

かぐやが聞き直す。

「ここからは俺も実際に目にした訳ではなく、師から聞いた話です。千年前の魔石戦争よりも遥かに前、この世界に異なる次元から、神竜ラグナロクと名乗るドラゴンが現れました。お嬢なら分かると思いますが、このラグナロクは次元を渡ってこの世界へと来た“観測者”と呼ばれる存在です。ラグナロクの目的は不明でしたが、世界を滅ぼすに十分過ぎる程の力を持っていたと言います。そのラグナロクの討伐に向かった五人の内の二人が御影清十郎と私の師だったのです。結果として討伐に成功しますが、死して尚その力を一箇所に残しておくには危険すぎるとして、五人で分割して所持することにしました。御影はラグナロクの血を吸い、永劫の力を。私の師はラグナロクの爪から五属性の無限の魔法力を得たという話です」

「それって、まさか、グラスが若い頃に考えた設て――」

「違います」

「いや、でも」

即座に否定されても「だって、そんな出来過ぎな設定、さすがに」とぶつぶつかぐやは言っていた。

「続きもありますが、今はいいでしょう」

グラスバレスタの家系は代々魔石の研究を行ってきた。魔石戦争以前、最初に魔石の危険性に気付いたのはグラスバレスタだった。特にいくつかの魔石は、魔力の奔流がこの世界の外に向いているように感じたのだ。まるで、灯台の明かりのように自らの居場所を知らせているような。推測ではあるが、ラグナロクもそれに呼び寄せられたのかもしれない。それも今となっては風化した伝説に過ぎないが。しかし、その力が存在し、暗躍しているとなれば止めなくてはならないだろう。千年前のように様子見だけなら問題ないが……また“奴”の力を借りなくてはいけないか。

「御影のことは俺に任せてください。少なからず、因縁がありますゆえ」

「変わらないね」

ひらりと葉が舞い、風が吹く。何も無かったはずの場所にフィースシングが現れていた。

「フィースシングか、久しぶりだな。いつ目覚めた? 少しは成長したか?」

「ほんの三十年程前に。だから、こっちの世界では僕が先輩だよ、グラス」

「やれやれ、お前こそ三十年程度じゃ変わらないな」

「まあね」

フィースシングは当然ね、という態度で答える。

「さて、話を整理しよう。俺から言えることは、その正体不明な奴等は遥か古代に存在し、忽然と姿を消したと言われる、魔道国家アルティアの魔導師だろうということだ」

「伝承の、だよね。僕もそれは思った。ただ、確証が無い」

「お前は師の話を少しも聞いていなかったのか?」

「ウェルザーおじいちゃんの話?」

「ああ。我々が使う魔法と異なる源流を持った魔法がかつて存在していたということは聞いているはずだ。これは通称、古代魔法と呼ばれる。今、この世界では古代の魔石が活性化し、共鳴している。これは古代魔法が多く使われていることを意味している」

「さすが魔石の研究者だね」

「兎も角、重要なのは相手の力量だ。フィースシング、魔道国家が現れた時にどう感じた?」

グラスバレスタの質問にフィースシングはいつになく深刻そうな顔をする。

「一人、化物が居るね。途方もない魔力を持った奴が」

「お前がそこまで言――」

その時だった。遥か遠く、ライトパレスの方角から、力の波動がここまで届いていた。それは、グラスバレスタ、フィースシング共に良く知った力。

「この力はムージュダルトか。厄介なことになったな」

「そうだね、ゼロに怒られる」

「心配すべきはそこじゃない。俺は他にやることがある。ムージュダルトはお前に任せるぞ」

「僕? 気が乗らないなぁ」

「お前の不始末だろう」

「そうとも言うね」

「お嬢も借りていくぞ」

「えっ、私?」

かぐやがびっくりしたように声を上げる。話を聞くのに飽きて、魔法で作った蝶を空に飛ばしているところだった。

「お嬢の力、向こうの世界の戦いで役に立ちましたか?」

「いや、まあ、それなりには役に立ったような。でも、アリスが無茶苦茶強かったし」

「転生の結果か、お嬢の力の大半が失われています。本来、それなり等というものではありません。これからの戦いではお嬢の力の源である、本物の月を復活させる必要があります。それには月の魔石の欠片を探さねばなりません」

「僕はライトパレスへ行くから。かぐやは頑張って探索!」

「はーい。また、探索かぁ」

些細な所に運命の分岐点は存在する。フィースシングとかぐやの向かう未来は正反対の方向へと伸びていたのだった。


物語"運命の再会"