“聖魔大戦” 第2章-かぐやの目覚め-

「この速度についてこられるとはね」

ラピスが振り返り、2つの影を視認する。それは、ラピスと共に高速で飛翔するニーズヘッグをピタリと追走していた。

「仕方がない。まだ、復元が不完全だが、君達には彼と遊んでいて貰おう。ブレイザー」

b9859bef-01b2-4242-915a-16427af66134.jpg

ラピスの作り出した魔法陣から、もう1体の巨大なドラゴンが出現する。それは、異形と呼ぶに相応しい存在だった。その体は崩れ、動くたびに肉が千切れ落ちていく。咆哮は低いうめきとなり、まるで、地獄を思わせた。

「君たちとは少なからず因縁があるだろう」

「この感覚は……奴か」

ファリアが出現したドラゴンに反応する。形状こそ大きく異なってはいるが、かつて、霊樹の森で戦った、あいつに間違いない。

「プリシア、まだ、飛んでいられるか?」

「うーん、あと、60秒ってとこ!」

「十分だ」

ファリアはプリシアに捕まりながら、片手で剣を抜く。

「私が合図をしたら、奴の真上へ飛んでくれ」

「わかった!」

プリシアは炎の翼を羽ばたかせ、ブレイザーへと直進する。それに反応し、プレイザーは攻撃態勢に入る。見た目通り歪んだ魔力を含んだ強力なブレスを、見た目とは裏腹に超高速で繰り出そうとしていた。しかし、その攻撃が行われるよりも一瞬だけ早くファリアが動く。

「今だ!」

ファリアの合図でプリシアが軌道を変える。ブレイザーが放つブレスを紙一重でかわすと、ブレイザーの上へと飛んでいた。ブレイザーの真上で、ファリアはプリシアから手を離すと、その背中へと降り立った。

「存在が進化しても、行動パターンは単純だな」

ファリアの剣がブレイザーの首を素早く切り裂いた。行動を止めるのに十分かつ最小限の一撃。そして、そのままブレイザーの体を強く蹴ると、ラピスの元へと飛翔する。獣の膂力を利用した動きをファリアは完全にものにしていた。

「足止めにもならないか」

召喚のために減速していたラピスをファリアは見逃さず、追撃する。

「私を侮るなよ」

しかし、ファリアの剣がラピスに届こうとするその瞬間、ラピスの剣がファリアの剣を受け止める。それは、ファリアにとって見間違うはずもない剣だった。

「まさか、それは」

ef737378-1e55-46f0-93d5-1eb38655571b.jpg

「これもまだ不完全だが、君には敬意を表して見せるとしよう」

「エクスカリバー」

「そうだ。君を退けるには適任だろう」

ラピスの持つエクスカリバーから放たれる光は黒く濁っていた。アトラクシアの吸収がラピスに与えた大いなる力の一つ。エクスカリバーのもう一つの姿。

「アトラクシアの聖王よ、また会おう」

ラピスのエクスカリバーによって、ファリアは大きく弾かれ、地へと落ちていく。

「ファリア、捕まって!」

「すまない、プリシア」

プリシアが落ちゆくファリアを助けたときには、すでにラピスの姿は消えていた。

「時間切れか。一旦帰還するとしよう」

----------------------------------
--------------------
-----------

その頃、ゼロ達はフィースシングが居た場所へと来ていた。その場所は静まり返っており、まるで、何事もなかったかのようにさえ見えた。

「フィース! どこだ!」

ゼロの声にも反応はない。あたりの風は、静かに木々を揺らすのみだった。

「フィース……」

かぐやはまだ、泣いていた。そして、その泣き声に呼応するように、一陣の風が、かぐやの周りを取り巻いていく。それは、フィースシングが最後に残した風だった。

「かぐや、聞こえるかい?」

「フィース!」

かぐやが顔をバッとあげる。しかし、目前にフィースシングはいない。フィースシングの残した言葉が風となって、かぐやの元へと届いたのだった。最後のメッセージとなって。

b1ef954b-62bb-4b0d-ae40-8f57de3372a2.jpg

「かぐや、良く聞いて。君は未来へと生きている。だから、僕の事はすぐとは言わない、忘れてくれ。君はまた、過去に縛られて生きてはいけない」

「でも、でも」

「僕は幸せだったよ、君と会えて。だからさ、ここでさよならだ」

一陣の風はかぐやへと語りかける、フィースシングの思いと共に。

「うっ、うっ、ううっ……忘れられないよぉ」

かぐやの大粒の涙が落ちると、その風が涙を包んでいった。そして、包まれた涙は魔石となって光を放つと、竹の林を生み出していく。それはさらにかぐやを包み込んでいった。

「お嬢!」

異変に気付いた、グラスバレスタもこの地へと戻って来ていた。そして、かぐやが光から姿を現したとき、その姿はかつて、千年の時を越えたときの姿へと戻っていた。六賢者と力を合わせて、クトゥルフを封印した、あの頃の姿へと。

「グラスバレスタ。この“姿”ではおひさしぶりですね」

2031e44f-1640-4898-b580-78fd18425e65.jpg

かぐやは、千年姫の姿へと戻り、グラスバレスタへと話し掛ける。

「お嬢、その姿は」

「今は……語るべき時間はありません。他の六賢者を復活させるとしましょう」

フィース、今、成すべきはこの世界を守ること、そうですね。

「私はもう、誰も死なせたりはしない。フィース、あなたの事もいつか必ず…」

かぐやの決意は一つの道を切り開く。

“聖魔大戦” 第3章へ続く

物語“聖魔大戦”