零夜の物語|第4夜 “願い”

時還の力は過去の世界を再構成する。そして、かぐやの目指すべき過去は訪れた。

『かぐや!』

フィースの叫びが聞こえる。そして、私を助けようとしている。そうだ、ここだ、私はここに戻りたかったんだ。ついに来たんだ! かぐやは嬉しくてたまらなかった。やっと、やっと……

フィースシングを救えるんだって!

『黒雷』

368d4fb5-7d45-4169-87d5-63ae5efa0e37.jpg

アルハマートの黒き雷が、フィースシングを貫く……本来はそのはずだった。瞬間、この世界のかぐやは消え、フィースシングの前へと現れる。そして、左手を翳すと、黒き雷をすべて吸収してみせた。フルートと融合したかぐやに古代魔法の力は通用しない。いや、それだけではない、単純な魔力でもアルハマートを完全に凌駕していた。

そして、黒く染まった右手を翳すと闇の生命体がアルハマートの周りに現れる。それは、魔力を食らう怪物達だった。闇の手が体を掴み闇へと誘う、これに飲まれればアルハマートと言えども、その力を取り込まれてしまうだろう。

『既にここは、時還による干渉世界か、こんな小娘がな』

アルハマートは即座に理解した。これは、あのフルートが生み出した、未来からの化物であると。そうでなくては自身の力を一瞬で超えることなどありえない。そして、逆算をすれば、これからの未来の予想も可能だった。

『あなたは絶対に許さない。私の中に永遠に閉じ込めて、“生きる”苦しみを味わわせてやる』

『ラピスよ、お前も破れたようだな』

アルハマートは詠唱を始める。魔力は一気に膨れ上がり、その力は地だけでなく、天をも揺るがしていた。だが、それでも、かぐやの魔力には及ばない。

4720a68a-99e5-4aa9-b693-be05f9b4aee7.jpg

『無駄よ。あなたでは、私には勝てない』

『私も衰えたものだ、小娘程度に遅れを取るとは。だが』

アルハマートの体が光輝く。それは、自らの魔法力を暴走させる詠唱だったのだ。自分の存在を霧散させ、かぐやの束縛から逃れる、それがアルハマートの狙いだった。

『直接取り込まなくては私の力は吸収できまい。それに、力を制御出来ないままに発動したようだな。また、“過去”で会おう“時還の魔女”よ』

そして、アルハマートは霧散し、その存在は消えた。

かぐやは落胆した。ああ、力を得たのに、アルハマートに苦しみを与えられなかったなんて。悔しい、悔しい。でも、そうだ、フィースを救えたんだ、あの時、救えなかったフィースを! 喜んでくれるかな、フィース、私は、私は、フィースを助けるためにね、何でもしようと思ったんだ、それで、ここに来て、あれ、フィース? 喜んでくれないの? フィース? 何で、何でさ……

泣いてるの?

何で……フィース。あれ、そうだ、私、最後に何て言われたんだっけ、フィースは私になんて……そうだ、『僕の事は忘れて、未来に生きてくれ』って、あれ、私は一体何を、“過去”に来てフィースを救って、そして、これから先、一体、何をすれば、いいの?

過度な望みを叶えた時還の力は呪いとなり、“発動者”の力を絶望に変えて、過去を再構成する力の源泉を得る。

fd12651e-69ba-48cc-a0f6-2d9e56deb53c.jpg

瞬く間にかぐやは時を食らう怪物、“時還の魔女”へと転化していった。それは、過去を再構成し、再構成された存在を喰らい続けるだけの怪物。そして、いつしかこの世界の歴史を喰らい尽くし、すべての次元を原初へと帰す存在になり果てるだろう。かぐやの最後の理性が叫ぶ。フィース! 逃げて、フィース! 戻りたかったはずなのに、救いたかったはずなのに。それで、一緒に生きたかっただけなのに、もう、一緒に生きられない。嬉しさは消え、悲しみで死にそうだった。せめて、最後に笑ってよ……フィース。

フィースシングはすべてを理解したように笑った。

『かぐやは仕方ないなぁ。僕が救うから、ちゃんと“過去”で待ってるんだよ』

かぐやは涙を流しながら、過去へと消えた。

フィースシングは理外の力に触れ、本来内に眠っていた力を呼び覚まし、“観測者”として目覚めていた。そして、結界に包まれたリ・アースの外へと飛び出していく。かぐやの理性が生み出した最後の力が作用したのだろう、リ・アースを渦巻く時還の結界がその瞬間だけ、弱まっていた。

フィースシングはそのまま、小さな星へと向かう。そこに、鍵となる人物がいるはずだ。僕の存在を待つ人物が。

風は吹く、捕らわれの自由を救い出すために。


"零夜の物語" 第5夜に続く

零夜の物語

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー