零夜の物語|第11夜 “来訪者”

そして、零夜はすべての力を使い一つの世界を作った。時還の魔女が来るであろう世界。その10年前の世界を。

『長い長い、道のりだったね零夜』

夕焼けに照らされた部屋で、一人の少女が零夜に向かって話始める。少女は黒のずきんを被り、傍らには狼が付き従っていた。

1002bdd4-66a4-45c4-9256-bfbe45fdbc21.jpg

『そうね。でもこれからが本当の始まり』

『そうだったね。ちゃんと彼らは来るかな? パーティーの招待状は出した? 道に迷ってなければいいけれど』

『大丈夫よ。彼なら言わずともここに来れるはず。それに、ここまで来られないようでは困るもの』

『そうだったね。これはパーティーじゃなくて……』

『試練だから』

零夜はそう言うと黒い剣を取り出し、戦いの準備を始めた。戦いの際、常に同じ衣装を纏い黒い剣を身につける。

『レイ、行くわよ』

『ホーホー』

傍らのふくろうが零夜の肩へと乗っかる。レイと呼ばれたふくろうは何か言いたげな顔をしていたが、その真意までを伺い知ることは出来ない。

『レイはこの世界で元に戻れる?』

黒のずきんを被った少女が疑問を口にする

『そうね…あと10年もすれば。多分ね』

零夜は返答する。そっかと少女も納得したような、しないような返答をする。さて、と前置きをして零夜はあたりを見回す。誰かを探しているようだった。

『彼はどこへ行ったの?』

『外に居るみたい。今の時間は夕焼けに染まった赤い月が見られるからって。でもここに月があるなんて不思議な気持ち』

『元は月なんて無い世界。綺麗な赤い月なんて皮肉でしかないわ。待ちましょう、夜には彼らは来るはずだから』

日が完全に沈むと零夜は動き出す。そして、この世界での物語を始めるための舞台を整え始めた。その役者の1人が彼だった。

『分かった、僕も行こう』

月を見ていた青年が部屋へと戻りそう答える。

『終わりの物語を始めるにはあなたが適任なのよ、グリム』

5bea23f3-4b45-43f4-bbc8-5e848b1bc6e3.jpg

グリムはそれを聞くと黒い本を開き召喚の詠唱を始めた。そこから吸血鬼の眷属が召喚されていく。しかし、闇の中にありながら彼の瞳は希望に輝いていた。

…………

不気味なオーラを放っている夜城、その正門の先へと進むと大きな中庭がある。零夜はそこで来客を待っていた。そこに現れたのは4人組の冒険者たち。銀髪の少年、パンダの王様、竜人の武闘家、そして、人魚のお姫様。零夜は強く思う、望むべき力がそこにあるようにと。

『さて、率直に教えてもらう。お前達は何者だ? そうだな、言わなければ痛い目に合うぞ』

零夜へ向かって、銀髪の少年が臆した様子も見せずに話す。

『簡単には教えられないわ。そうね…まずあなた達の力を見せて貰いましょうか』

『望むところだ。パールシュタイン、戦ってこい』

『ふざけるな、ギル、お前からいけ。けしかけたのはお前だろう』

『うるせーな、パンダの癖に』

『なんだと!』

『ああ、また始まった。キリク、どうしましょう……』

『放っておけ、シーラ』

ギルと呼ばれた少年とパールシュタインと呼ばれたパンダが喧嘩を始め、それを竜人と人魚が傍観していた。こちらが敵だと言うのによほど自信があるのか、それともただのバカなのか。

『喧嘩しているところ悪いけど、こちらから行かせて貰うわ。私はあの銀髪の少年と戦うから、グリムは残りを』

『分かった』

零夜はすばやく動く。少しだけ、殺す気で試させて貰う。

『パンダ、休戦!』

『パンダはやめろ、パールシュタインだ』

『俺がアレをやる、他の奴らは任せた』

『しょうがねーな』

『まあ、いいですけども〜』

そして、戦いは始まった。
…………

零夜は仰向けに倒れ、空を見ながら昔同じようなことがあったのを思い出していた。いや、立場は逆だったか。

『あなた達、合格よ』

『合格も何も、お前剣も抜いてねーじゃねーか。それでもだいぶ苦戦したけどな。そもそも殺したはずなのに死んでねーし、一体何を企んでいる?』

『気にしないで、死ににくい体質なのよ。その力、大切にしなさい』

『全然分かんねーよって。待て!名前くらい教えてくれ!』

『御影零夜』

0f8b054f-2bdd-4cbf-a6c7-adb633b1db14.jpg

零夜は微笑みながら黒いコウモリの群勢となり空へと消えていく。これならば戦えるかもしれない。内なる魂に零夜は語りかけていた。

“ギルの物語”第22話へ続く。

零夜の物語

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー

FoW World - ストーリー